上野楽器様20140605

昨日6月5日(木)は、宇都宮の上野楽器様でのセミナーでした。

拙著「成功するピアノ教室への 7つのブランド戦略」をテキストとした、
「教室のブランド化」がテーマのセミナー。

嬉しいことに、たくさんの先生にお越しいただきました。

上野楽器様でのセミナーは、赤本に続き2回目。
いつもスタッフの方が温かく迎えてくださいます。

今回は、地域で一番のブランドある教室を目指すことをテーマに
お話いたしましたが、簡単に内容をまとめると、

○価値が伝わって、はじめてブランドとなる
→だからこそネットやアナログでの情報発信は必須

○先生の「思い」は教室の価値となる
→ミッションワークで「使命」を確認

○ピアノの先生も自己マーケティング力は必須
→特にプロフィールは最重要ポイント

○ブランドと価格は相関関係にある
→月謝が高くても生徒が集まる教室を目指す

○メディア掲載歴を活用して差別化を図る
→媒体は小さくてもOK、ポイントは活用法

今回は、たくさんのワークを通して教室やご自身を見つめる
時間をとってみました。

皆さんとてもノリが良く盛り上がりましたね。

また、私が主宰する「ピアノ講師ラボ」の会員様も
たくさんお越し頂き、とても嬉しかったです。

時間の関係で、帰路を急ぐ必要があったのですが、帰り際に、
専務の方と歩きながら「経営」についてお話をしました。

私も今年1月に会社を立ち上げたばかりなので、
経営者様にお会いするたびに、いろいろお聞きしています。

「経営のポイントは、楽しくやることですね」

何気ない一言に、深さを感じました。

もちろん、そこには言葉に尽くせないほどの大変さと努力が
おありなのでしょうが、やはり根底にあるのは、楽しさや喜び。

責任ある立場の人だからこそ、そうした部分が
大切になってくるのだと改めて感じました。

そうした姿が、周りにいい影響を及ぼしながら、
会社全体に伝播していくのでしょう。

お忙しいなか、お越し頂いた先生方、上野楽器の皆様、
本当にありがとうございました。

今回も出会いに感謝の一日となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国2600名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信停止もいつでもすぐにできます

こちらの記事もぜひお読みください