「ピアノ講師ラボ」2018年12月号vol81「松田昌先生が語る!レッスンがもっと楽しくなる!ピアノアレンジの秘訣」

to_sensei02c

藤拓弘の

『ここが聴きどころ!』

次号のCD教材は、飾らないお人柄でピアノの先生に大人気、全国のアレンジセミナーでは毎回満席となっている「マサさん」こと、松田昌先生との対談をお届けいたします。今回の対談では、松田先生が今もっとも力を入れていらっしゃる「ピアノアレンジ」について詳しくお聴きすることができました。ピアノの先生も必須のアレンジの知識。生徒さんへのレッスンでも活かせるお話も満載です。お話が楽しい松田先生、あっという間に惹き込まれてしまうこと請け合いです。次号もぜひご期待ください!

pianolab_bn

音声CD教材のタイトルをご紹介します

    【CD1】
  • Track1ピアノの先生にも大人気の松田昌先生のご紹介
  • Track2なぜピアノの先生も「アレンジ」を学ぶべきなのか?
  • Track3どんな曲を演奏するにあたっても知っておきたいこと
  • Track4アレンジとは誰でもできる「パズル」である
  • 【CD2】
  • Track1美しいハーモニーを生み出すのは○度の音程にあった!
  • Track2オシャレなアレンジにする「コツ」はどこにあるのか?
  • Track3うまく音を「ぶつける」と琴線に触れるハーモニーが!
  • Track4他の調の和音を借りてくるとオシャレ感が出る
  • Track5これからのピアノの先生に必要なこととは?
  • Track6松田昌先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

音声講座が体験できるサンプル音声

全国でのご講演や、ご著書「松田昌の音楽トレーニング」「マサさんのケンハモ講座」などで皆さまご存じの松田昌先生。会員様からのご要望によって、いよいよこの対談が実現いたしました。今回の対談では、ピアノの先生も必須の「ピアノアレンジ」について、考え方や実践法などについて詳しくお聴きできました。今回はサンプル音声として「なぜピアノの先生も「アレンジ」を学ぶべきなのか?」のトラックからご紹介してみましょう。4分ほどの音声ですが、ピアノ講師ラボの対談を体験いただけるかと思います。

松田昌先生プロフィール

兵庫県宝塚市生まれ。東京芸術大学作曲科中退。
第10回インターナショナル・エレクトーン・コンクールでグランプリを受賞。その後キーボードアーティスト・作曲家として、山本寛斎のハローベトナム出演をはじめ国内外での演奏活動、映画・テレビ番組の音楽制作、ミュージカルの作曲などで活躍。

2006年、CD「ピアニキストMASA」をジャズピアニスト佐山雅弘とのDuoでリリースし、本格的に鍵盤ハーモニカ奏者としてデビューし、ストラップを使った「両手奏法」、「循環呼吸」、話すように微妙な口の変を使って表現する「モグモグ奏法」など、新しい奏法を世に送り出し、鍵盤ハーモニカの世界をリードし続けている。

理論書は、「松田昌の音楽講座」と「松田昌の音楽トレーニング」の2冊出版。どちらも大好評で重版を重ねている、
無駄な音がなく、弾きやすくていいサウンドがするアレンジには定評がある。

名古屋音楽大学客員教授。

【出版物】
●CD
「ピアニキストMASA」(ヤマハミュージックメディア)
「神様の住む島」松田昌ベストアルバム(MASAミュージックプラン)
●理論書
「松田昌の音楽講座」(ヤマハミュージックメディア)
「松田昌の音楽トレーニング」(ヤマハミュージックメディア)
●鍵盤ハーモニカ教本
★新刊「マサさんのケンハモ講座」(音楽之友社)
「たのしい鍵盤ハーモニカ」(音楽之友社)
「すてきな鍵盤ハーモニカ」(音楽之友社)

「マサさんの さあ!はじめよう鍵盤ハーモニカ」(ヤマハミュージックメディア)
「マサさんのこれぞ!鍵盤ハーモニカ」(ヤマハミュージックメディア)
「マサさんの大好きな!鍵盤ハーモニカ」(ヤマハミュージックメディア)
「絶対!うまくなる鍵盤ハーモニカ100のコツ」(ヤマハミュージックメディア)

松田昌先生の公式サイト「MASAミュージックプラン」

ピアノ講師ラボへ入会する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 株式会社リーラムジカ All Rights Reserved.