「ピアノ講師ラボ」2018年1月号vol.70「赤松林太郎先生が語る!生徒の最高の演奏を引き出すピアノ指導の極意(後編)」

to_sensei02c

藤拓弘の

『ここが聴きどころ!』

次号のCD教材は12月号に引き続き、「虹のように(道和書院)」のご著書や全国でのコンサート、セミナー等で著名な、赤松林太郎先生との対談をお届けいたします。業界では知らない先生はいらっしゃらないほどの赤松先生。全国での講座では毎回満席、空き待ちも出るほどの人気です。博覧強記で知られた赤松先生ですが、今回の対談では「バッハを学ばなければならない理由」や生徒の音色を変える方法、さらに特別にピアノ講師ラボ会員様からのご質問にもお答えいただきました。どれも今日からのレッスンで活かせる、実践的なお話ばかりではないでしょうか。ちなみに次回 の1月号が赤松先生との対談の「後編」となります。ぜひご期待いただけたらと思います。

pianolab_bn

音声CD教材のタイトルをご紹介します

    【CD1】
  • Track1あらためて赤松林太郎先生のご紹介
  • Track2バッハを学ばなければならない本当の理由とは?
  • Track3生徒の「音色」を変えようとしたときの秘訣!
  • Track4ペダルの魔法を100%活用する方法とは?
  • 【CD2】
  • Track1作曲家によって楽譜のエディションはどうするのか?
  • Track2小さい子のバッハの指導において留意すべきことは?
  • Track3即興が得意になるための方法は○○である
  • Track4生徒の目標設定と失敗したときの対処法とは?
  • Track5ホールの後ろまで響かせる音を創るための極意は?
  • Track6音楽と勉強をどうすれば両立できるのか?
  • Track7練習で大切なのは「音にする」までの時間である
  • Track810年後も音楽をしている人 間でありたい
  • Track9これからのピアノの先生に必要なものとは?
  • Track10赤松先生のこれからのビジョンは?
  • Track11赤松先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

音声講座が体験できるサンプル音声

博覧強記で知られたピアニストの赤松先生。今回の後編の対談でも溢れる情報を惜しげもなく語っていただきました。今回はサンプル音声として「バッハを学ばなければならない本当の理由とは?」のトラックからご紹介してみましょう。3分ほどの音声ですが、ピアノ講師ラボの対談を体験いただけるかと思います。

赤松林太郎先生プロフィール

2歳よりピアノとヴァイオリンを、6歳よりチェロを始める。幼少より活動を始め、5歳の時に小曽根実氏や故・芥川也寸志氏の進行でテレビ出演。10歳の時には自作カデンツァでモーツァルトの協奏曲を演奏。1990年全日本学生音楽コンクールで優勝して以来、国内の主要なコンクールで優勝を重ねる。1993年には仙台市教育委員会より平成 5年度の教育功績者に表彰。神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得(室内楽は全審査員満点による)。ピアノを熊谷玲子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、フランス・クリダ、ジャン・ミコー、ジョルジュ・ナードル、ゾルターン・コチシュ、室内楽をニーナ・パタルチェツ、クリスチャン・イヴァルディ、音楽学を岡田暁生の各氏に師事。
2000年にクララ・シューマン国際ピアノコンクール(審査員にはマルタ・アルゲリッチやネルソン・フレイレなど)で第3位を受賞した際、Dr.ヨアヒム・カイザーより「聡明かつ才能がある」と評された。国際コンクールでの受賞は10以上に及ぶ。国内各地の主要ホールはもとより、 アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、台湾、コロンビアなどを公演で回る。近年では2013年よりウィーン各地で室内楽コンサートを開始、2013年秋にデュッセルドルフにてリサイタル、2014年春に生前のバルトークが使用したピアノ(ハンガリー科学アカデミー所蔵)でリサイタル、また2015年春のドナウ宮殿におけるドナウ交響楽団との共演を成功させ、夏はミラノでソロリサイタル、秋はブダペスト、ウィーンにて公演。
これまでに新田ユリ、手塚幸紀、堤俊作、西本智実、山下一史の指揮のもと、東京交響楽団やロイヤルメトロポリタンオーケストラ、ロイヤルチェンバーオーケストラなどと共演。NHK交響楽団や東京フィルハーモニー管弦楽団などのメン バーと室内楽も行い、多くの音源(YouTube)に残している。2014年にキング・インターナショナルから《ふたりのドメニコ》(レコード芸術準特選盤)と《ピアソラの天使》をリリースして各誌で絶賛される。500名以上の指導に携わり、国内外の主要なコンクールで多くの受賞者を輩出している(PTNA特級グランプリ・銀賞・銅賞など)。審査員やマスタークラスの講師はもちろん、エッセイストとして新聞や雑誌にも連載を持っている。「美しいキモノ」ではモデルも務める。
全日本ピアノ指導者協会正会員、演奏研究委員。2014年よりブダペスト国際ピアノマスタークラス(ハンガリー国立リスト音楽大学・共催)にて講師を務める。2016年より洗足学園音楽大学客員教授。

ピアノ講師ラボへ入会する

Copyright © 株式会社リーラムジカ All Rights Reserved.