「ピアノ講師ラボ」2020年6月号2020年6月号「大人気ピアニストの小原孝先生が語る!子どもの『感じる心』を育てるピアノ指導の秘訣」

to_sensei02c

藤拓弘の

『ここが聴きどころ!』

次号のCD教材は、NHK-FMの「弾き語りフォーユー」で皆さまご存じのマルチピアニスト、小原孝先生との対談をお届けいたします。今回の対談では、「子どもの『感じる心』を育てるピアノ指導の秘訣」といったテーマでお話をお伺いしました。これだけマルチにご活動の、小原先生の原点はどこにあるのか、お子さまの感性や「耳」を育てるための考え方と具体的な方法、各ジャンルの音楽を弾き分けるときのコツ、短い曲でも音楽的に弾くための小原流ポイント、ピアノ指導者も必須の「アレンジ」の秘訣、音楽全体を読みとく「コツとしくみ」などなど、幅広いお話をお伺いすることができました。今回も必聴の対談、どうぞお楽しみに!

pianolab_bn

音声CD教材のタイトルをご紹介します

    【CD1】
  • Track1マルチピアニストの小原孝先生のご紹介
  • Track2小原先生にとっての「音楽」とは?
  • Track3ピアノ教育で最も大切なことは○○である
  • Track4子どもの「感性」を育てるための秘訣とは?
  • Track5ピアノの演奏で大切な「イメージ作り」のコツは?
  • Track6子どもの「耳」を育てるためにできること
  • Track7どんなジャンルの音楽でも弾ける子にするためには?
  • 【CD2】
  • Track1ブルクミュラーは子どもたちの表現の幅を広げる!
  • Track2多彩な音色を生み出す「脱力」の秘訣とは?
  • Track3親指で2つの音を弾くとオシャレな響きになる!?
  • Track4初見や譜読みが素早くなるトレーニングとは?
  • Track5本番を成功させる「メンタル」の持ち方
  • Track6うまくいかないときは「ダラダラする」
  • Track7これからのピアノ指導者が伝えていくべきこと
  • Track8小原先生のこれからのビジョンは?
  • Track9小原孝先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

音声講座が体験できるサンプル音声

全国でのコンサート活動はもちろん、NHK-FMの「弾き語りフォーユー」で皆さまご存じのマルチピアニスト小原孝先生。ピアノの先生にも人気の先生でいらっしゃいます。今回の対談では「子どもの感じる心を育てるピアノ指導の秘訣」をテーマに、レッスンの秘訣をたくさんお話いただきました。今回、サンプル音声として「」のトラックからご紹介してみましょう。4分ほどの音声ですが、ピアノ講師ラボの対談を体験いただけるかと思います。

小原孝先生プロフィール

神奈川県川崎市生まれ。6歳よりピアノを始める。
1986年国立音楽大学大学院を首席で修了。クロイツァー賞受賞。
ピアノ・伴奏法を菅野洋子、古代公子、ヨン・ブリック、畑中更予、小林道夫、塚田佳男、ルドルフ・ヤンセン各氏に師事。
1990年のCDデビューより47枚のアルバムを発表。ジャンルにこだわらない音楽性が共感を呼び全国各地でコンサートを行いステージ数は1500回を超え、演奏のみならず作詞、作曲、編曲などマルチな音楽活動で活躍中。Eテレ「ららら♪クラシック」テレビ朝日「題名のない音楽会」など数多くのTV,ラジオに出演。1999年4月よりNHK-FM「弾き語りフォーユー」パーソナリティーを担当。現在好評放送中。2015年には東京文化会館大ホールに於いてCDデビュー25周年記念リサイタルをを開催。同年、川崎市文化賞受賞。
2019年ニューアルバム「ピアノ名曲フォーユー~あなたが大好き~」発表。
2020年CDデビュー30週年を迎える。
現在、尚美学園大学客員教授、国立音楽大学非常勤講師 川崎市市民文化大使。

小原孝先生公式HP「小原孝のピアノサロン」

ピアノ講師ラボへ入会する

Copyright © 株式会社リーラムジカ All Rights Reserved.