「ピアノ講師ラボ」2021年10月号2021年10月号「福山奈々先生が語る!決して諦めない!子どもの心を育み基礎を大切にしたピアノレッスンの秘訣」

to_sensei02c

藤拓弘の

『ここが聴きどころ!』

次号のCD教材は、素晴らしいピアノ指導はもちろん、ご講演活動もされている福山奈々先生との対談をお届けいたします。福山先生は、たくさんの素晴らしい生徒さんを育てられ、講座ではそのピアノ指導の秘訣を惜しみなく語っていらっしゃいます。今回は、会員様からの熱烈なリクエストもあって実現した対談。今日からのレッスンで活かせるお話の数々をいただきました。やわらかな雰囲気のなかにも、ピアノ指導への情熱と強い思いを感じた福山先生との対談でした。今回も、聴き逃せないお話が盛りだくさんですので、どうぞお楽しみに!

pianolab_bn

音声CD教材のタイトルをご紹介します

    【CD1】
  • Track1ピアノ指導者の福山奈々先生のご紹介
  • Track2ピアノは子どもたちの人生を豊かにするものである
  • Track3子どもの心をとらえるコミュニケーションの秘訣は?
  • Track4読譜や耳を育てるソルフェージュ指導について
  • Track5レッスンに来ない「6日間」がピアノに重要!
  • Track6お子さまの「耳」を育てるための秘訣は?
  • 【CD2】
  • Track1テクニック指導のポイントはとにかく「基礎」!
  • Track2子どもの感性を育む「五感」を刺激する方法
  • Track3イメージを作品につなげる「お話づくり」
  • Track4目標を達成する「がんばりを可視化」する方法とは?
  • Track5「待つこと」もピアノ指導で大切なことである
  • Track6体験レッスンで子どもとお母さまの心をとらえる秘訣
  • Track7保護者の方とのコミュニケーションでの注意点
  • Track8本番で実力を出すためには○○しかない!
  • Track9これからのピアノ指導者が求められるものとは?
  • Track10福山先生が目指していらっしゃることとは?
  • Track11福山奈々先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

音声講座が体験できるサンプル音声

次回10月号は、福山奈々先生をお迎えしての対談をお届けいたします。ご講演活動や素晴らしいご指導で著名な福山先生。今回の対談でも、譜読みや耳を育てる方法、五感を刺激する方法など、豊富なお話をいただきました。今回、サンプル音声として「レッスンに来ない『6日間』がピアノに重要!」のトラックからお伝えしてみましょう。4分ほどの音声ですが、ピアノ講師ラボの対談を体験いただけるかと思います。

福山奈々先生プロフィール

東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。
市川市新人演奏会出演。川島佐紀、後藤美由紀、鷲見加寿子、渡部由記子の各氏に師事する。音楽大学在学中より指導を始める。視野を広げ社会経験を重ねるため、卒業の1年後より国際線客室乗務員として日本航空に勤務する。音楽の勉強は続け、ピティナ・ピアノ指導者検定を在職中に全級取得し、定期的にコンサートにも出演。退職後、川島佐紀氏の下で後進の指導に携わったのち、nana piano lessonsを主宰する。ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)正会員。ピティナ市川ソレイユステーション代表。ピティナ・ピアノステップアドバイザー。ピティナ・ピアノコンペティション審査員。ブルクミュラーコンクール、日本バッハコンクール審査員。ピティナ指導者賞を2014年より8年連続受賞。ピティナ特別指導者賞(ピティナコンペ金賞受賞者の指導者に授与される)を2017年より2年連続受賞。

★福山奈々先生公式サイト

ピアノ講師ラボへ入会する

Copyright © 株式会社リーラムジカ All Rights Reserved.