「ピアノ講師ラボ」2018年8月号vol77「重野美樹先生が語る!生徒の力を最大限に引き出すコーチングレッスンの秘訣」

to_sensei02c

藤拓弘の

『ここが聴きどころ!』

次号のCD教材は、素晴らしいピアノ指導はもちろんのこと、全国でのご講演活動で著名な重野美樹(しげの みき)先生との対談をお届けいたします。重野先生といえば「コーチング」のキーワードで著名ですが、今回の対談でもやはりコーチングを活かしたレッスンについて、詳しくお聴きしてみました。生徒が主体的なピアノ演奏ができるようになるための考え方、それぞれの個性を大切にしながら、ひとり一人を輝かせるための方法を具体的にお聴きすることができました。今日からのレッスンで活かせる実践的なお話ばかりですので、次号もぜひご期待ください!

pianolab_bn

音声CD教材のタイトルをご紹介します

    【CD1】
  • Track1ピアノ指導者の重野美樹先生のご紹介
  • Track2重野先生がピアノ教育で最も大切にしていることは?
  • Track3コーチングとはシンデレラの「かぼちゃの馬車」である
  • Track4人の「4つのタイプ」を知れば考え方が大きく変わる!
  • Track5生徒の「優位感覚」を知っておくことのメリットとは?
  • Track6生徒を「承認」することの重要さと難しさについて
  • 【CD2】
  • Track1子どもたちの「答え」を引き出す方法は?
  • Track2レッスンの時間は「すべて生徒のもの」である
  • Track3「褒めること」と「叱ること」のポイントについて
  • Track4こんなタイプの生徒にはこう指導すればうまくいく!
  • Track5母親とのコミュニケーションの秘訣はこれだ!
  • Track6これは効果的!「きもだめしコンサート」の詳細
  • Track7これからのピアノ教育で必要なことは?
  • Track8重野先生のこれからの「ビジョン」は?
  • Track9重野先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

音声講座が体験できるサンプル音声

全国での講演で涙を流される先生もいらっしゃるほど、心に響くお話をされている重野美樹先生。今回の対談では、重野先生のコーチングを活かしたレッスンについて具体的なお話をお聴きしてみました。今回はサンプル音声として、「コーチングとはシンデレラの『かぼちゃの馬車』である」のトラックからご紹介してみましょう。3分ほどの音声ですが、ピアノ講師ラボの対談を体験いただけるかと思います。

重野美樹先生プロフィール

エリザベト音楽大学器楽学科ピアノコース卒業・同大学専攻科修了。卒業演奏会、修了演奏会でソリストとして、また伴奏者として出演。元広島音楽高校非常勤講師(2004年から2014年まで)。現在、(一般社団法人)全日本ピアノ指導者協会正会員、アンサンブル・国際交流委員。ショパンコンクールin アジア組織実行委員。JPTAピアノ教育連盟会員。バスティン研究会広島代表。広島マカロンステーション代表。

ピアノ講師ラボへ入会する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 株式会社リーラムジカ All Rights Reserved.