コンパクト・ハノン

ハノンを効果的に練習するための教材のご紹介です。

★「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」vol.386(2015年12月16日配信)より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 コンパクト・ハノン 』 杉谷昭子・駒澤純・編著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもこのブログをお読みいただき、
本当にありがとうございます。

株式会社リーラムジカの藤 拓弘です。

今日ご紹介するのは、

「コンパクト・ハノン」

という教材です。

ハノンといえば、皆様にとってはとても
親しみのある教材ではないでしょうか。

生徒に課題として与えている先生も
少なくないことでしょう。

今回は、その「ハノン」を効果的に
練習するための教材のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「序文」から引用すると、

「現代のピアニスト・音大生等が毎日の練習に用いられる教本
として『コンパクト・ハノン』を企画しました(中略)『コン
パクト・ハノン』は中上級者のための技術の維持向上ができる
ように編纂してあります(中略)難易度も練習効果も高いもの
を厳選してありますので、丁寧に集中して練習すれば元の教本
を弾きあげるのに匹敵するほどの効果が得られます」

とあります。

この「コンパクト・ハノン」は、縮約した原曲に、
オリジナルを若干加えた40曲で構成されています。

「この本の構成」から要約すると、

●第1部…各指の独立の訓練。
テクニックの基本となるのでこの箇所だけは必ず練習する

●第2部…音階・アルペジオ・トリル・同音連打・3度・6度の練習
必要に応じて原典の教本を参照する

●第3部…オクターブ・トレモロ・跳躍の練習
オクターブは力が入りやすいので6度で十分練習する

といったように「3部構成」になっています。

第1部の「1番から13番」までの練習は、
5指の独立のための基本練習。

時間がないときは第1部だけの練習でもいい、
と書かれています。

また、巻頭には手の骨の構造の解説や、
「変奏による練習」についての解説があります。

さらに各練習の冒頭には、練習のアドバイスや
注意点なども添えられています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)毎日の練習に活用できるコンパクトなハノン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本書の副題は、

「中・上級者のための40のデイリー・エクササイズ」

ある程度ピアノの知識やテクニックがあり、
エクササイズ的に使う人向け、ということでしょう。

「コンパクト」とタイトルにあるように、全体を
30分程度で弾き通せる、としています。

この点、毎日の練習の最初に取り入れることで、
良いトレーニングになりそうです。

どのくらいコンパクトなのかは、実際の楽譜を
ご覧いただきたいのですが、

本書に掲載されている解説の部分が、
とても勉強になったので引用してみましょう。

●「鍵盤にできるだけ指を近づけて
打鍵後も鍵盤の底に指を押し付けないこと」

●「綺麗な音色で、左右がきちんとそろうことを心がける」

●「左手の音に意識して弾くことも効果的」

●「手首や腕の助けを借りずに、
親指が独立して動かせる練習をする」

●「オクターブの早い動きは、主に手首を震わせるように
動かして(ヴィブラート)演奏される」

後半では、オクターブの跳躍や、3度や和音を伴う
トレモロ、6度など難易度の高い練習が出てきます。

解説にもあるように、こうしたテクニックの練習で
大切なのは、タッチと音色と脱力でしょう。

いかに鍵盤とのコンタクトを意識するか、
自分の出した音に耳を傾けるか。

この点は、練習の効果を倍加させるための
大きなポイントではないかと思います。

毎日の練習に効果的にハノンを取り入れたい先生や、
上級の生徒に与える教材として好適でしょう。

ご興味のある先生は、一度お手に取って
みてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 コンパクト・ハノン 』 杉谷昭子・駒澤純・編著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の「コンパクト・ハノン」。2007年の出版ですが、
いまだに売れ続けている教材とのこと。

著者の杉谷昭子先生は、ベートーヴェンのピアノソナタ全集や
ブラームスのピアノ独奏曲全集を完成させるなど、

世界的にご活躍のピアニストです。

クラウディオ・アラウの最後の弟子として、
ご存じの方も多いことでしょう。

その杉谷先生を、弊社の「ピアノ講師ラボ」
来月1月号にてお迎えすることができました。

聴く人を魅了し続ける杉谷先生の「タッチ」

今回の対談音声CDでは、そのタッチや「合理奏法」について、
たっぷり語っていただきました。

「ピアノ教育で最も大切なのは『感動』である」
「初心者は『弱い音』から始めるべき理由とは?」
「ピアノを始めたばかりの子だからこそいい音を意識させる」

など、目からウロコのお話ばかりです。

ちなみに、12月31日までにご入会の先生は、
こちらの杉谷先生の対談からスタートできます。

会員様はぜひ楽しみにしていてくださいね。

それから、ただ今開催中の、
「スペシャルダイジェストCD無料プレゼント」

最終日まであと「10日」となってきました。

今後は有料でのご提供も検討していますので、
お早目にお申込みくださいね。

さて、来週は今年最後の「教本メルマガ」。
年末恒例の「教本ランキング」のご紹介
です。

今年2015年にご紹介した教本・教材のなかで、
どれが一番反響が大きかったのか。

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

それでは今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3683名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★9名の著名な先生との対談の選りすぐりの音声を凝縮!
「スペシャルダイジェスト版CD」無料プレゼントキャンペーン

★新刊が発売になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

★今年は売り切れ御免!の「初回限定生産」お早目に…
レッスン手帳2016「マンスリー&ウィークリー」
レッスン手帳2016「スリム マンスリー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください