白菜

毎週水曜日は、教本メルマガを配信しています。

本日ご紹介は、人気作曲家の春畑セロリ先生による書き下ろしノベル。
以下、メルマガの内容をご紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(1)今日の教本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 白菜教授のミッドナイト音楽大学 』 春畑セロリ・著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 株式会社リーラムジカの藤 拓弘です。

 今日ご紹介するのは、

 『 白菜教授のミッドナイト音楽大学 』

 という書籍です。

 著者は、数々の教本や曲集、雑誌の連載や
 全国でのセミナーなどで著名な春畑セロリ先生。

 作曲家としてご活躍ですが、実は作家でもあることを
 ご存じの先生も少ないかもしれません。

 今回は、その春畑先生による
 「書下ろしノベル」のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 書籍の表紙には、

 「すべての『音楽する人』へ すべての『教える人』へ」

 「謎の作曲家白菜が巻き起こす 疾風怒濤な教育ドラマ」

 とあります。

 また巻末の「あとがきに代えて」には、

 「これから音楽家となる若いみなさんや現場で日々教育と
 向き合っていらっしゃる先生方と、音楽や人生について
 分かち合うとしたら何を語り、何を伝えたいだろうか(中略)
 音楽という大切な宝のことを語り合えないか(中略)
 そんな想いで、この一冊を書き上げました」

 と書かれています。

 あらすじを触りだけご紹介すると……

 古ぼけたジーンズにサンダル姿、ある日船で離島「天空島」に
 やってきたのが、主人公である作曲家の白菜漫伍郎教授。

 世界を放浪してきた釣り好きな白菜教授が、
 この島にある四流音大「水戸内音大」に着任。

 着任早々繰り広げる、数々の珍授業や破天荒な教え。
 しかし、そこには音楽の「本質」を突いた学びがあった……

 美人ピアノ科教授の紅葉坂凛子や、個性的な生徒たちが登場、
 コミカルな内容ですが、貫いているテーマは深いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)破天荒なストーリーに音楽の深さを感じる小説

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 作曲家、春畑セロリ先生による長編小説。
 287ページもあり、読みごたえがあります。

 「この本の内容は、妄想であり、ファンタジーです」

 とプロローグにありますが、音楽そして教えることとは
 どういうことなのかを語りかけてくれています。

 物語はかなりハチャメチャではあります。

 けれどもそこに、白菜教授に成り代わって語る、
 春畑先生の「音楽の神髄」を感じます。

 随所に深い言葉が散りばめられていますが、
 いくつか心に残ったものを挙げると、

 「言葉は言葉の力を持つ。が、しかし
 音楽にとっては単なる言葉でしかない」

 「文字ではなく音符を読め。無言の楽譜に耳をかたむけろ」

 「テクニックも理論も、音楽という
 不思議なものにかしずく応援団にすぎない」

 「なぜその音がそこにあるか、それが、大切なんだよ」

 「習わないことまで自分で獲得していける
 生徒を育てることこそ、ベストな教育」

 「理想の右手と理想の左手は、やがて理想の結婚をする」

 「手に任せるな、手に妥協するな。
 何度でも演奏をやめて理想を思い出せ」

 小説仕立てなので、その世界に入り込みながら、
 音楽、そして教えることとは何かを学べます。

 これから音楽の道を目指す若い人はもちろん、
 レッスンの現場で活躍する先生にもお勧めです。

 きっと心に残るフレーズがそこにはあるはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 白菜教授のミッドナイト音楽大学 』 春畑セロリ・著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★毎週水曜日配信の教本メルマガはこちら↓
「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」

こちらの記事もぜひお読みください