いつもこのブログをお読みいただき、
本当にありがとうございます。

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

弊社がご提供している会員制サービス「ピアノ講師ラボ」

今年の4月で7年目に突入する、
業界でも影響力のある会に成長してきています。

毎月、著名な先生との対談を収録したCD教材と、
レッスンアイデア満載のニュースレターをご自宅にお届け。

最新の情報をお届けすることで、安心と自信を持って
毎日のレッスンにお役立ていただくサービスです。

■次回4月号に小倉貴久子先生がご登場!

次号2018年4月号では、

「カラー図解 ピアノの歴史」

などのご著書や全国でのコンサート、講演活動等で著名な、
小倉貴久子先生をお迎えしての対談をお届けいたします。

小倉先生がこれまでにリリースしたCDは40点以上。

多くが「レコード芸術」等で推薦盤や特選盤に
選ばれている実力派のピアニストでいらっしゃいます。

■ピアニストの小倉貴久子先生が語る!古典派ピアノ作品の指導の極意

次回4月号の対談のテーマは、

「古典派ピアノ作品の指導の極意」

今回の対談では、フォルテピアノの第一人者である小倉先生に、
古典派の演奏法や具体的なレッスンについてお話をお伺いしてみました。

ハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンなど古典派の作品の演奏や、
レッスンのポイントについて幅広くお話いただきました。

今回の対談の内容をちょっとお知らせすると…

●バッハの作品を生き生きと演奏させる指導のポイント
●ハイドンの作品を取り上げて「トリル」について
●フォルテピアノで「内声の扱い方」が分かる!
●モーツァルトを素敵に弾くポイントはこれだ!
●知っておきたい「ノートイネガル(不平等な音たち)」
●モーツァルトの自筆譜の新発見と前打音について
●ベートーヴェンの悲愴に見る新しいレガート奏法
●ピアノで「呼吸」することについて
●効果的な練習方法と身体の柔らかさの関係

といった感じです。タイトルだけ見ても、
思わず聴いてみたくなりますね。

ちなみに、対談のサンプル音声は、こちらの「来月号予告ページ」にて
お聴きいただくことができます。

サンプル音声では、

「バッハの作品を生き生きと演奏させる指導のポイント」

のトラックからご紹介しています。

私も知らなかったお話がたくさんあって、
まさに目からウロコの連続でしたね。

↑こちらは小倉先生との対談の様子です。
素敵な旦那様が撮影してくださいました。

1800年代のピアノもあったりと、
数々の名器に目を奪われましたね。

今月4月号の教材も、少し早めに発送の準備が整いましたので、
会員様には発送を開始いたしました!

お手元に届くのを、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

■「ピアノ講師ラボ」2018年4月号
vol.73「ピアニストの小倉貴久子先生が語る!古典派ピアノ作品の指導の極意」

【CD1】
ピアニストの小倉貴久子先生のご紹介
小倉先生がピアノ教育で大切だと考えていることは?
なぜ「ピアノの歴史」を知っておく必要があるのか?
ざっくりとピアノの歴史をおさらいしてみる
バッハの作品を生き生きと演奏させる指導のポイント
ハイドンの作品を取り上げて「トリル」について
フォルテピアノで「内声の扱い方」が分かる!

【CD2】
モーツァルトを素敵に弾くポイントはこれだ!
知っておきたい「ノートイネガル(不平等な音たち)」
モーツァルトの自筆譜の新発見と前打音について
ベートーヴェンの悲愴に見る新しいレガート奏法
ピアノで「呼吸」することについて
効果的な練習方法と身体の柔らかさの関係
これからのピアノの先生に必要なものとは?
小倉先生のこれからのビジョンは?
小倉先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

【小倉貴久子先生プロフィール】

東京藝術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞”Cum Laude”を得て首席卒業。
第3回日本モーツァルト音楽コンクール、ピアノ部門第1位。1993年ブルージュ国際古楽コンクール、アンサンブル部門第1位。1995年同コンクール、フォルテピアノ部門で第1位と聴衆賞を受賞。『音楽の玉手箱』『ベートーヴェンをめぐる女性たち』『モーツァルトの生きた時代』などのシリーズを展開する一方、ソロ、室内楽、協奏曲などバロックから近現代まで幅広いレパートリーで活躍。各ホール主催公演や音楽祭、NHK『クラシック倶楽部』『ぴあのピア』『名曲探偵アマデウス』『ららら♪クラシック』などへの出演や、NHK『カルチャーラジオ 芸術の魅力~モーツァルトが出会った音楽家たち』の講師を務めるなど、TV、ラジオへの出演も多い。浜松市楽器博物館主催のコレクションシリーズの録音やレクチャーコンサートでの演奏も高い評価を得ている。これまでにCDを40点以上リリース。それらの多くが朝日新聞、読売新聞などの各新聞紙上や「レコード芸術」誌等で推薦盤や特選盤に選ばれている。CD《イギリス・ソナタ》は平成24年度文化庁芸術祭レコード部門〈大賞〉受賞。第30回ミュージック・ペンクラブ音楽賞クラシック部門【独奏・独唱部門賞】受賞。著書にカラー図解『ピアノの歴史(CD付き)』(河出書房新社)。校訂楽譜『ジュスティーニ:12のソナタ集 第1、2巻』(カワイ出版)。共著や監修に『よくわかるピアニスト呼吸法』『すぐわかる!4コマピアノ音楽史』(ヤマハミュージックメディア)。最新のシューマン夫妻のCD《星の冠》は各界から熱い注目を集めている。シリーズコンサート「小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》」好評開催中。東京藝術大学古楽科非常勤講師。

■小倉先生の対談が聴けるチャンスは「3/31」まで!

この小倉先生の対談が聴ける会員様は本当に幸せですね。

小倉先生の4月号の教材から学びをスタートされたい場合は、
「3月31日まで」のご入会が条件となります。

ぜひこの機会をお見逃しなくご活用くださいね。

★ピアノ講師ラボの詳細とご入会はこちら←

小倉先生の対談に続き、著名な先生との
対談が続々と決定しております。

ぜひご期待ください。

それでは最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。
いつも本当にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国5,077名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★いよいよシリーズ第2弾が発売!
「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノ教室アイデアBOOK」

★今年も監修しました!好評発売中のレッスン手帳2018
★レッスン手帳2018「マンスリー&ウィークリー」
★レッスン手帳2018「スリム マンスリー」

★「ピアノ講師ラボ」から生まれた書籍。おかげさまで「6刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください