OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日は、7回シリーズでお伝えしている、
「手帳で夢をかなえるヒント」の第6回目です。

手帳に「生きた証」を残す効果とは…?

人が手帳を使う理由として、
スケジュール管理やタスク管理などがあります。

もちろんそれは大切ですが、
私はもう一つ大切なことがあると思っています。

それは「ライフログ(生活の記録)を残すこと」です。

私たちは昨日のことでさえ覚えていないほど、
日々忙しく生活しています。

でも、どの一日も人生を創り上げている大切な日。

それらを「昨日のことだから」とか「一年前のことなんて」と
一言で片づけてしまうのは、あまりにもさみしい。

大切な日々の「記録」を取っておくのは、
振り返って過去の自分から学ぶことにもなります。

また、記録するのを前提に生活することで、
毎日を大切に過ごそうという意識にもつながります。

どの一日も「特別で大切な日」

先日の記事で「幸せの感度を上げる」とお伝えしました。

ライフログを残すことは、これにも関係があります。

ちょっとしたことでも記録しておくと、
どの一日も特別な日なのだと気づきます。

先日、カフェのレジの下に1円が落ちていたので、
拾って店員さんに渡しました。

たった1円でしたが、その店員さんは、
宝物でも見つけてくれたかのように喜んでくれました。

こんな素敵な出来事を、
残しておかないわけにはいきません。

早速手帳にメモしました。

きっと、いつかこのメモを見たときにも、
ちょっとした幸せを再現できることでしょう。

生きた証を残すのは他の誰のためでもなく、
未来の自分のため、なのかもしれません。

【手帳で夢をかなえるヒント6】

私が「レッスン手帳2015」で実践していることを
ちょっとだけご紹介してみます。

ウィークリーの部分に、スケジュールや
「やることリスト」を書いていると述べました。

それ以外の空いたスペースに、
「ちょっとしたメモ」を残すようにしています。

先ほどの例でいえば、「カフェで執筆」のスケジュールのところに、
「1円という宝物を拾った」という感じでしょうか(笑)

また、その時に感じたことや感情なども書いておくと、
生き生きとしたメモになって残ります。

手帳に感情をのせるイメージでしょうか。

これがいいのは、あとで振り返った時に、
その時の感情まで再現できること。

ただのメモではない、自分のための
「言葉のプレゼント」
になっていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう一つは、「今日買った本リスト」
作っておくことです。

私はほぼ毎日、何らかの本を買っていますが、
よくやるのが同じ本の二度買い。

それを防ぐために始めたのが
この「今日買った本リスト」です。

これも、ウィークリーの部分に記録しています。
本のタイトルとともに、書店名も書いています。

この本リストがいいのは、後で見返すと
その時の自分のブームが分かったり、
本を探しやすくなったりすること。

私はいつも本にはカバーを付けてもらっていますが、
これはとっさにメモしたいときにカバーに書けるから。

手帳には書店名も記録しておくとお伝えしましたが、
本のカバーに印刷されている書店名やロゴを頼りに
探しやすくなったりします。

純粋に「この本との出会いの場所」の記録にもなりますね。

【手帳に書いておきたい言葉6】

「あなたが見たい世界の変化に、あなた自身がなりなさい」
(マハトマ・ガンジー)

★合わせて読みたい!

【ヒント1】「言葉を変えると「行動」が変わる!目標をポジティブな感情でしかも「過去完了形」で書くと…?」

【ヒント2】「手帳の日付に「勝手に未来の自分を予約してしまう」ことの効果とは…?」

【ヒント3】「望む自分」に近づくためにはまずは「望まない自分」を明確にしてブレーキを取り除くこと

【ヒント4】毎朝手帳で「理想の一日」をイメージすることの効果とは?

【ヒント5】心の感度を上げると「チャンス」に気づける人になる!手帳に「ささやかな幸せ」を書いていく効果とは…?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3160名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★レッスンの引き出しがどんどん増える!自信がつく!
自宅で著名人のレッスンが学べる「ピアノ講師ラボ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください