thankyou

私はこれまで2000人を超えるピアノの先生との
出会いをいただいてきました。

どの先生も素晴らしい方ばかりですが、
特に感銘を受けた出会いが数多くあります。

そして、そこから学んだことは数知れません。

自分への戒めと、少なからずの憧れを込めて、
このシリーズでは「気づき」を記していきます。

・・・

伝える→その前に聴く

一流のピアノ指導者が大切にすること。
それは「伝える前に聴くこと」です。

相手の話をよく聴くこと、
受け止めてあげること。

それが「きちんと伝えるプロセス」として、
最初にすべきことだと知っているのです。

伝える→準備完了にする

何かを伝えたいと思ったときに
何より大切にすべきなのが、

「相手を準備完了にさせること」

話を聴く態勢になっているか。
心がこちらに向いているか。

生徒がレッスン室に入ってきてから、
この状態にいかに早く持っていくか。

これを毎回のレッスンのポイントにしています。

話させる→聴く準備

面白いのは、ここであえて会話を入れること。

最近どう?とか、先週言ってたあれどうなった?とか、
いい顔しているけど何かいいことあった?とか。

楽譜の用意のほんのわずかな時間に、
生徒の心をとらえる質問をする。

考えさせ、話させ、聴いてあげることで、
心をサッとこちらに向かせてしまう。

あっという間にこちらのペースです。

話させることによって、
同時に「聴く準備」も完了させるのです。

ここで大きなポイントがあります。

それが「うなずき」と「相づち」です

一瞬で人に嫌われる方法とは…?

ここで、あっという間に
人に嫌われる方法を教えましょう。

(そんな方法いらないかもしれませんが…)

相手が話している間、一切うなずかず、
一度も相づちも打たない。

ただ無表情で相手を見つめ続ける。

お勧めしませんが、
おそらくこれで嫌われます。

人は自分の話に反応がないと、
一気に不安な気持ちになります。

もう少しすると、
今度は軽視されていると感じます。

聞いた話ですが、相手がうなずかないと、
平均25秒で話が止まってしまうそうです。

つまり、話す気が失せるということです。

うなずくこと→価値ある「ギフト」

セミナーなど、人前で話した経験があれば、
感じたことがあるでしょう。

うなずきながら聴いてくれる人が
神様のように思えてくることを。

何ともいえない安心感と喜びが、
心に生まれることを。

「この人は私の話を聴いてくれている!」

話をしている人にとって、うなずきは、
何より価値ある「ギフト」なのです。

うなずき→「心をひらくスイッチ」

だからこそ、一流のピアノ指導者は、
「うなずくこと」と「相づち」を大切にする

感情の込め方、タイミング、回数…
うなずきかたと相づちも絶妙です。

生徒はどんどん嬉しくなります。
どんどん心をひらいていきます。

それはそうです。

何より価値ある「ギフト」を
贈り続けられているのですから

与えれば与えられるの法則と同じ。

ギフトを贈られた生徒は、今度は先生に
「心」というギフトを贈るのです。

それが「聴く」ということです。

伝える前に大切にすべきものがある。

ここをおろそかにしないからこそ、
一流のピアノ指導者なのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3263名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★著名な先生のレッスンが自宅で学べる!
学びへの意識の高い先生へ。「ピアノ講師ラボ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください