音大生は武器になる

自分の音大生時代を考えると、
何の人生戦略もなかった、と反省しきりです(笑)

本日配信の教本メルマガからのご紹介です。

★「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」vol.342(2015年2月11日配信)より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 「音大卒」は武器になる 』 大内孝夫・著・武蔵野音楽大学・協力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日ご紹介するのは、

「『音大卒』は武器になる」

という書籍です。

このメルマガをお読みの先生の生徒さんには、
音大に進学したい方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に、どのように進言すればよいか、
実際に、音大を卒業するとどうなるのか…

現実的に、どのようにアドバイスしたらよいか、
悩む先生も少なくないでしょう。

今回ご紹介は、音大生が将来について、
何をどう考えればよいか言及した書籍です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「はじめに」から引用すると、

「本書は、音楽大学の学生の方に、将来を考えていただく
ための手引書です(中略)中高生のみなさん、音大卒業生、
そして音大生や音大受験生の保護者の方にも参考になる本に
なれば、と願っています(中略)音大生が今より少しだけ違
った角度で、自分の将来を考えることが必要です。この本が、
少しでもそのきっかけとなれば幸いです」

とあります。

さらに同じ「はじめに」には、
「この本で私が伝えたい3つのこと」として

1・音大で学ぶことは、社会で生きていく上でも十分な実力がつく

2・音大生の進路は、みなさんが考えている以上に幅広く、
 いろいろな可能性がある

3・充実した人生を送るためにこそ、自立した人生を歩もう

といったことを挙げています。

著者は、30年銀行員として勤めた後、現在、
武蔵野音楽大学の就職課主任である方。

たくさんの学生と接してきたご経験から、
音大生のスキルや可能性について言及しています。

目次から内容を挙げてみましょう。

■第1部 音大卒を武器にする
●第1章 音大生の力
●第2章 音大生は将来どうなるの?
●第3章 音大生が陥りやすい罠
●第4章 音大生こそ就職を目指せ!
●第5章 それでも音楽をやりたい人へ

■第2部 【実践編】音大生の就職マニュアル
●第1章 企業の学生を見る目、就職活動のポイント
●第2章 就職活動の流れ、企業の選び方
●第3章 エントリーシート、履歴書の書き方
●第4章 筆記試験、面接の受け方

●税金を知っておくとこんなにお得!
<事例研究> フリーの演奏家の場合

音大卒業後にはどんな進路があるのか、音楽で
生きていく実情や就職についてなど幅広い内容です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)音大生が自分の未来の「立ち位置」を見つめるための一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私も音大を卒業した一人の人間として、
音楽で生きていく大変さは身に染みて理解できます。

大変だからこそ、そこに活路を見い出せたときの
喜びも大きいことは実感しています。

ただその「活路」を見出すためには、努力と幅広い視野、
柔軟性、かけ算思考などが必要だと感じます。

この点、本書にある、

「自分をマネジメントする」
「自分の能力をいかに差別化するか?」

の部分は共感できました。

また本書が、音大生であることの利点ばかりを述べずに、
どれだけ大変かの「現実」を示している点。

この点は、音楽で生きていくにせよ就職するにせよ、
未来を見つめる上で大切だと共感しました。

「失敗した? 音大生の具体例」

にて「実際に苦労している音大生の例」を
紹介していますが、自分にあてはめると、

「青い鳥症候群系/モラトリアム系」

に当てはまり、なるほど人生危ういはずだ、
と内心ヒヤリとしました(笑)

おそらく、本書で著者が一番述べたいのは、

「現実をきちんと受け止め(中略)自分の立ち位置を知った上で、
人生という長いマラソンを勝ち抜くための戦略を練る。その戦略
の中には、必ずしも音楽を仕事にするということにこだわらない
という選択肢もある」

この部分でしょう。本書の後半を「就職マニュアル」として
いるのも、この点に集約されているのではないかと思います。

「音大卒」の武器として、

・普通の人より脳が発達している可能性がある
・レッスンでコミュニケーション能力が培われている
・「時間厳守」など社会人として必要なスキルを身に付けている
・いくら叱られてもめげない精神力

を挙げておりますが、タイトルにある「武器」としては
多少弱いのでは、という感があるのは正直なところです。

ただ、音大生が自分の「立ち位置」を確認する必要性、
未来を見据えて生きる重要性はしっかり認識できるでしょう。

現役音大生の方はもちろん、音大に進もうとする人を
生徒として持つピアノの先生にも有益ではないでしょうか。

ご興味のある先生は、手に取ってみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 「音大卒」は武器になる 』 大内孝夫・著・武蔵野音楽大学・協力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3000名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★これだけの著名な先生のお話は他では聴けません
自宅でレッスンが学べる「ピアノ講師ラボ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください