ヤマハ小山店様セミナー2015年2月12日

昨日、2月12日(木)にヤマハ小山店様にて拙著、

「ピアノ教室が変わる~理想の生徒が集まる7つのヒント」

全国初となるセミナーを開催いたしました。

嬉しいことに今回もお忙しいなか、
たくさんの先生にお越し頂きました。
(↑写真はヤマハ小山店様から戴きました)

金本当に

この書籍は、音楽之友社様からの
「成功する」シリーズの4冊目。

表紙が金色なので、別名「金の延べ棒」と
呼ばれたりもしています(笑)

一番お読みいただいているのが「赤本」ですが、
実は、私が一番お気に入りなのがこの「金本」。

小山に行く途中で読み返したのですが、
自分でも「いい本だな」と思いました(笑)

この本では、

「理想の教室」=「理想の生徒が集まる教室」

として、そのための「7つのヒント」をご紹介。

昨日のセミナーは、「なぜ教え続けるのか?」といった
本質に迫るワークなどを盛り込みながらの2時間でした。

ご参加いただいた先生方、ヤマハ小山店の皆様、
本当にありがとうございました。

良質なサービスが当たり前の現代で…

昨日のセミナーでお話した内容から、
一つだけご紹介します。

最近ではどの商品、どのサービスでも、
大体は満足できるものがほとんどです。

スピード化が主流になっていることもあり、
良質なサービスがいわば「当たり前」になっています。

(ネットで楽譜を注文すると次の日に届く、
なんて昔は考えられなかったですよね)

これだけ成熟した社会において、人々の
心を動かすことは易しいことではないということ。

ただ、人の期待を超えようと
「努力すること」は、誰にでもできます。

心が感じて動く、と書いて「感動」。

自分が抱く期待以上のものが得られたとき、
人の心は動き、感動します。

書店で傘を忘れたときのこと…

これでも私は意外と感動屋なのですが、
最近感動したことがありました。

雨の日、ある大型書店のレジで、
折り畳み傘を忘れてしまいました。

店を出たときには雨が止んでいたので、
帰宅途中で、はたと忘れたことに気づきました。

自分としては割と頑張って買った、
お気に入りの黒い折り畳み傘。

ジャケットのポケットには、
傘袋だけが取り残されています…

ただ、もうこれから取りに戻ることはできない。

番号を調べて電話をかけたところ、
無事に届いていました。

「明日取りに参りますので」

と伝えて安心して帰宅しました。

レジで待っていた期待を超えるサービスとは…?

次の日、昨日のレジで傘を忘れたことを
告げると、裏から持ってきてくれました。

ビニール袋に入れられた黒い折り畳みの傘。
それを見て、ホッとしました。

男の店員さんは、丁寧にビニール袋を
取って渡してくれました。

私の心が動いたのは「その時」でした。

昨日はかなりの雨。畳んだ状態で忘れたので、
傘は当然「濡れているはず」でした。

私がイメージしていたのも、
昨日忘れたままの傘です。

けれども、受け取ってみて驚きました。

傘は綺麗に乾いた状態。しかも、
折り目からきちんと畳まれていました。

きっと、傘を広げて乾かしてくれたのでしょう。
丁寧に畳んで保管してくれたのでしょう。

「こちらで間違いないですか?」

笑顔の店員さんに、丁寧に御礼を伝えて
こちらも嬉しい笑顔でお店を出ました。

期待を1%でも超えると「感動」になる

感動というものは、期待を超えたところにあります。

先ほどの傘の場合、私が期待していたのは、

「忘れた状態で傘が手元に戻ってくること」

その期待を、お店の方はいい意味で裏切った。
つまり「期待を超えるサービス」をしてくれた。

書店員さんは忙しい業務。
普通ならそのまま保管、で終わるでしょう。

そこで終わらずにおそらく、

「どうすればお客さんは喜んでくれるだろう?」

という思考にシフトされたのでしょう。

相手の気持ちになって考えること。
相手の立場で物事を見てみること。

そして、相手の期待を「1%」でも
超えようとするマインド。

心動かされるサービスは、
この瞬間から生まれるのでしょう。

ピアノ指導者として何ができるか?

このことは、ピアノ指導者である自分も
大切にすべきことだと感じます。

できるだけ相手思考で考えてみる。
期待を超えるように努力してみる。

心動かされて嬉しくなったように、
誰かをちょっとでも幸せにできたら。

綺麗に畳まれた傘を、傘袋に丁寧に仕舞いながら、
そんなことを考えました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3000名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★これだけの著名な先生のお話は他では聴けません
自宅でレッスンが学べる「ピアノ講師ラボ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください