いつもこのブログをお読みいただき、
ありがとうございます。

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

今日ご紹介するのは、

「バルトークの民俗音楽の世界~子供のためのピアノ作品を題材に」

という書籍です。

2015年に没後70周年を迎えたバルトーク。

最近では、コンクールの課題曲に
取り上げられる機会も増えてきました。

今回は、バルトークの子供のためのピアノ作品を
題材にした書籍のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「はじめに」から引用すると、

「バルトーク作品に関わるたびに、その曲の中にある
民俗音楽の要素や雰囲気の正体をつかもうと、いちいち
参考文献を読みあさったり、セミナーで勉強しないと
いけないのでしょうか。こうした基礎知識を効率的に
習得する方法はないのでしょうか。私はあると思います
(中略)その一つを提示するのが本書です」

とあります。

著者は、バルトーク研究の第一人者であり、
鎌倉女子大学准教授でいらっしゃるパップ晶子先生。

「あとがき」にもあるように、本書は、

2005年11月から「ムジカノーヴァ」にて約2年連載した
「もっと知りたい!バルトーク」を単行本化したもの。

本書では、バルトークが民俗音楽の
採集旅行をおこなった時代の話から始まり、

「子供のために1, 2」や「ルーマニア民俗舞曲」など、
バルトークの子供のためのピアノ作品を題材にして、

ハンガリーやルーマニア、スロヴァキアの
民俗音楽の特徴や演奏法を詳しく解説。

譜例や写真、イラストも豊富に掲載しています。

本書の内容を「目次」からご紹介してみましょう。

はじめに バルトーク作品に強くなるために

序章 ハンガリー人は私たちと同じアジア起源
■5音音階発見の感動
■ハンガリーの伝統を継承するセーケイ人
■味わい深い古風な旋律

第1章 ハンガリー民謡の世界
■3つのグループ
■感動の名曲

第2章 ルーマニアの器楽の旋律とコリンダの世界
■ルーマニア民俗音楽に夢中になったバルトーク
■ルーマニア人のルーツ

第3章 スロヴァキア民謡の世界
■スロヴァキアは民謡の宝庫
■《子供のために1》ハンガリー編と《子供のために2》
スロヴァキア編の特色の違いとは
■《子供のために2》に出てくる歌のジャンル

あとがき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)バルトークの作品を演奏、指導するならこの一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつて私は、バルトークの舞踏組曲やピアノソナタに
挑戦しようとしたことがありましたが、

私の力量では到底歯が立つはずもなく、
あえなく挫折しました。

ただ、それは単にテクニックが足りなかっただけでなく、
そもそもバルトークとはどういう作曲家なのか、

バルトークの旋律構造や音階、リズム、イントネーション…

そうしたものをひとつも理解せずに楽譜に
向き合ったことが大きな原因だったと今思います。

本書は、バルトークのピアノ作品を題材に、ハンガリー、
ルーマニア、スロヴァキアの民俗音楽の基礎を解説した本。

たとえば「子供のために」などをレッスンで取り上げる際に、
どのように指導したらいいのか…

バルトークがベースとした民俗音楽の世界とは
どんなものだったのか…

そうした疑問に対しての「答え」を、
分かりやすく説明しています。

なにより、著者のパップ晶子先生がピアニストでもあり、
それだけに演奏の際のアドヴァイスも満載です。

特にこれから、

●子供のために1・2
●ルーマニア民俗舞曲 全曲
●ルーマニアのクリスマスの歌
●15のハンガリー農民歌

をレッスンで取り上げたいと思っている先生には
この上なく活用できる書籍と言えるでしょう。

バルトークという作曲家や作品のファンの方はもちろん、
ご興味のある方には手元に置いておきたい一冊。

ピンときた先生は、一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 バルトークの民俗音楽の世界 』 パップ晶子・著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介の書籍の著者のパップ晶子先生。

いよいよ来月9月号の「ピアノ講師ラボ」にご登場です。

タイトルは、

「パップ晶子先生が語る!バルトークの作品の魅力とピアノ指導の秘訣」

最近は、コンクールの課題曲としても
取り上げられる機会の多いバルトーク。

ただ、バルトークというと、どことなく難しいイメージや、
指導の仕方で悩む先生も少なくないでしょう。

そこで今回の対談では、バルトークの魅力に迫りつつ、
レッスンでの具体的な指導法、

また、おススメの作品なども具体的な演奏を
交えていただきながらお話くださいました。

バルトークという素晴らしい作曲家の、
知らなかった世界に出会えるでしょう。

今日からのレッスンで活かせる実践的な
お話ばかりですので、次号もぜひご期待ください。

なお、パップ先生の対談が聴けるチャンスは、
「8月31日までにご入会の先生」
だけ。

この機会をぜひお見逃しなくご活用くださいね。

★パップ先生の対談のサンプル音声も←

それでは今日も最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

↓藤拓弘のWeb連載小説が8/30に出版!(第1話の無料公開も)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★いよいよ来週発売!業界には類書のない小説仕立ての実用書
「夢をかなえたピアノ講師~ゼロからの180日(音楽之友社)」

★全国5,194名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★次回はパップ晶子先生との対談!サンプル音声もあります
「ピアノ講師ラボ」次回予告ページ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください