社会でもプライベートでもお仕事でも、
基本の「き」となるのが「あいさつ」ですね。

気持ちのよい挨拶は、良い人間関係のスタート、
相手に与える印象も、ここで決まります。

素敵だと思う人は、皆さん挨拶が素敵です。

初めてでもそうでなくても、その人に
会ったときの「印象」が重要ということですね。

これは、ピアノの先生も同じでしょう。

印象が良ければお仕事にもいい影響を与えます。

生徒や保護者の方も、こちらに気持ちを
向けてくださるでしょう。

体験レッスンでは、先生の気持ちの良い
あいさつがあれば相手も安心するでしょう。

何より、挨拶が素敵な先生は魅力的ですよね。

■ビジネスでの基本はマナー

よくマナー講座や会社の研修などで
言われることに、

「あいさつの基本」があります。

ご存じの方も多いかと思いますが、
具体的にお伝えすると、

「あ」…あかるく

「い」…いつも

「さ」…さきに

「つ」…つづける

この4つです。

「あ」の明るくは、言うまでもないですね。
高めの声のトーンは印象をアップさせます。

明るく挨拶しようと思えば、自然と
顔の表情も明るくなります。

「い」のいつもは、どんなときでも、

たとえ気分があまり良くなくても、
いつも挨拶するということですね。

「さ」の先には、相手よりも先に、
自分から挨拶すること。

「相手が挨拶してきたら自分も…」

ではなく、いつも自分から先にする。
気分もいいですし、印象もよくなります。

「つ」の続けるは、挨拶だけではなくて、
続けてなにか一言添えること。

「おはようございます。寒いですね~」

みたいな感じでしょうか。

プラスαで一言付けると、その人との関係が
一歩近づくような気がします。

■どれも大切なのですが…

この4つは、どれも大切ですが、
ポイントは最後の「つ」かもしれません。

私の近所には、会うといつも挨拶を
してくださるおばさまがいます。

そのおばさまも、必ず挨拶のあとに
一言プラスされています。

「おはようございます。今日はいい天気ね!」
「こんばんは。子どもたちは元気?」

みたいな感じで、そこから会話が生まれて、
心が近くなるように思います。

きっと、どんな人にもそうしているのでしょう。

おばさまの交友関係は、きっと広いはずです。

いいな、と思って私も実践しようとするのですが、
これが結構むずかしい技だと気づきます。

私は田舎者で小心者なので、まずちょっと恥ずかしい。

それから、相手によって最適な「プラスα」を
瞬時に考えてサラッと言わなければいけない。

これがかなり難易度が高いんですね。

でも、意識して実践していくうちに、
一言添えられるようになってきました。

そして「会話の種」が生まれるようになってきました。

■レッスンでも実践したい「あいさつ」

これはレッスンでも同じですよね。

挨拶に一言添えようと思うと、

○先週この子とどんな話をしていたか?
○今日の様子はいつもとちょっと違う?
○そういえば誕生日が近いんだったな

みたいな思考がパッと浮かびます。

生徒へのアンテナがちょっと鋭敏になる、
という感じでしょうか。

そして、生徒の心に近づく一言で、
そこから会話も生まれてきます。

「いいレッスンは挨拶から」

今日も張り切ってレッスンしたいですね。

↓特別な試聴版CDのプレゼント企画第3弾を実施中!(2018/7/31まで!)

↓藤拓弘のWeb連載小説がこの秋に書籍化決定!(第1話の無料公開も)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国5,143名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★次回は重野美樹先生の対談!サンプル音声もあります
「ピアノ講師ラボ」次回予告ページ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━