何でも「心」がこもっていると、
なぜか相手に伝わるものが違ってきます。

そこにあるのは、テクニックとか方法論とか、
そういうものを超えた部分ではと思います。

たとえば、字を覚えたての小さな子が、
一生懸命書いた手紙に心動かされます。

ここにあるのはテクニックではないですよね。

キレイな字で同じことが書いてあっても、
同じくらい感動するとは限りません。

やっぱり「心」を感じるから、人は感動する。

そういう「見えない法則」があると思うのです。

■いいんだけどなんかちがう

たとえばピアノの演奏。よく言われるのが、

「あの人の演奏には、心が感じられない」
「テクニックはあるけど、なんか伝わってこない」

といった感じの批評です。

たとえば、カフェの店員さんの接客。

「あの人の接客には、心が感じられない」
「マニュアル通りだけど、伝わるものがない」

そんな感じでしょうか。

もちろん、技術とかテクニックとか、
そういうものは大切だと思います。

お仕事にするならば、大前提で持っているべきです。

たとえば、ピアノ教室運営でも生徒募集でも、
技術とか知識というのは大切です。

チラシとかブログの書き方とか、
コミュニケーションスキルとか、

もちろんどれも大切で必要な知識でしょう。

けれどもやっぱり「心」がないと、

「綺麗なチラシだけど、なんか心がないよね」

といった、さっきの演奏批評みたいになってしまう。

■あってもなくても伝わってしまう

結局、テクニックとか知識というものは、
「心を伝えるための道具」であって、

とても大事だけれど、結局のところ、
目的ではなく手段だということでしょう。

やっぱり何でも「心」を伝えることが第一。

心を磨かないでテクニックを磨くのは、
ただ綺麗な文字を書いているのと同じ。

さっきの小さな子の手紙ではないですが、
文字は綺麗でも伝わらなければ意味がないですよね。

「心」がないと、なぜか伝わってしまう。
「心」があると、なぜか伝わってしまう。

これが、人間の営みの面白いところだと思います。

■なぜ伝えられるのか?

一流と呼ばれる歌い手の歌を聴くと、
伝わってくるものが違うと感じます。

それはなぜかと考えてみると、
やっぱり「心」ではないかと思うのです。

その歌手には、歌詞のすべてが体に入っていて、
「物語の人の心」で伝えているから。

一流の役者と呼ばれる人も同じでしょう。

セリフ一つひとつに、心で感じたものを
表現できるからこそ一流の演技ができる。

ピアノの演奏も、不思議と心で変わりますよね。

無機質に音を並べていただけの子に、

その曲の物語を考えさせ、情景をイメージをさせて、
そこにいる人の「心」を感じて弾かせると…

数分前の同一人物とは思えない演奏になる。

本当になぜなんでしょう。
私には説明できる能力がないのがもどかしいです。

けれど、伝えるっていうことは
そういうことなんだろうと思います。

■印象的なひとこと

ある先生がおっしゃっていたことが印象的でした。

「もし素晴らしい演奏ができないと悩むなら、
たったひとつの音を素晴らしく弾くよう努力しなさい」

これも「心」に関係することではないか、
と思ったりします。

そして、人は大きなことを一気にやることが、
カッコイイとか凄いことだと思いがちですが、

必ずしもそうではない、
と教えてくれているような気がします。

すべての人を感動させることは難しい。
けれども、目の前の人に心を伝えることはできる。

すべての曲を素晴らしく弾くのは難しい。
けれども、たった一音に心を込めることはできる。

100人の生徒を集めることは難しい。
けれども、たった一人を大切に育てることはできる。

つまり、いつも目の前、目の前。

やっぱり目の前のことを「心」を込めて、
ていねいにやるしかないんですね。

その積み重ねが、ピアノ演奏であり、
教室運営であり、人生となっていくんでしょうね。

↓特別な試聴版CDのプレゼント企画第3弾を実施中!(2018/7/31まで!)

↓藤拓弘のWeb連載小説がこの秋に書籍化決定!(第1話の無料公開も)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国5,143名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★次回は重野美樹先生の対談!サンプル音声もあります
「ピアノ講師ラボ」次回予告ページ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━