一流の花

私はこれまで2000人を超えるピアノの先生との
出会いをいただいてきました。

どの先生も素晴らしい方ばかりですが、
特に感銘を受けた出会いが数多くあります。

そして、そこから学んだことは数知れません。

自分への戒めと、少なからずの憧れを込めて、
このシリーズでは「気づき」を記していきます。

・・・

■これが最後のレッスンだとしても…

一流のピアノ指導者が大切にすること。

「今日が最後でも悔いなしと言えるレッスンをする」

一つひとつのレッスンを大切にしよう。

ピアノの先生であれば、誰もが
そう思っていることでしょう。

ただ一流のピアノ指導者はそこで終わりません。

「今日が最後のレッスンでも悔いはない」

ここまで強い思いを抱きながら、
毎日のレッスンに向かっています。

おそらく、相当の準備と覚悟でもって、
生徒に向き合っているに違いありません。

■先日読んだ本のなかで…

先日読んだ「自分を変える89の方法(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」に、
こんなエクササイズが紹介されていました。

【自分がもうすぐ死ぬとしたら?】

①「自分がもうすぐ死ぬ」という場面を想像する。
そのときの自分の感情を具体的に思い描く。

②あなたの大切な人が、1人ずつ
あなたを訪ねてくる場面を想像する。

彼らに、死ぬ前に伝えたいことを考える。

③それを声に出してはっきり言う。

そして、このエクササイズで一番大切な教えとして、

「実際に死ぬ直前まで待たなくても、
もうすぐ死ぬつもりで行動できる」

といったことを挙げています。

■ピアノのレッスンでも共通すること…

これをピアノのレッスンに置き換えてみると、
どうでしょう?

①「今日のレッスンが人生で最後」という場面を想像する。
そのときの自分の感情を具体的に思い描く。

②これまで教えたすべての生徒が、
1人ずつあなたを訪ねてくる場面を想像する。

レッスンを終える前に、彼らに伝えたいことを考える。

③それを声に出してはっきり言う。

同じくこのエクササイズで得られる教訓として、

「実際にレッスンを辞める直前まで待たなくても、
今日が最後のつもりで生徒に向き合い、レッスンできる」

ということ。

ここから得られるものは、きっと少なくないはずです。

■私は今日、最後のつもりでレッスンできているか?

一流のピアノ指導者は、きっとこうした
エクササイズをするまでもなく、

当たり前のように、高いマインドで、
毎日のレッスンに向き合っている。

だからこそ悔いなく、
あったとしても限りなく最小限に、

これまでの自分のすべてをかけて、
一人ひとりの生徒と向き合っている。

だからこそ、一音に、一言に情熱をもって
「レッスンという一瞬」にかけることができる。

それが、生徒に自分に、そしてすべてに
妥協しないマインドを生み出しているのでしょう。

一流のピアノ指導者が一流たるゆえんは、
そこにあるのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3750名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★新刊が発売になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

★今年は売り切れ御免!の「初回限定生産」お早目に…
レッスン手帳2016「マンスリー&ウィークリー」
レッスン手帳2016「スリム マンスリー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください