おはようございます。
株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

今日ご紹介するのは、

『「チェルニー30番」の秘密~練習曲は進化する』

という書籍です。

ピアノ教育ではいわば定番教材となっている、
チェルニーの「30番練習曲」。

数々の出版社から同曲集の楽譜が出版され、
弊社の「教本メルマガ」でもいくつかご紹介してきました。

さて今回は「練習曲」というジャンルを考察し、
あらたな視点でチェルニー30番に迫る書籍のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「はじめに」からご紹介すると、

「指の練習のためだけに『30番』を弾いているのでは、
この教材の背後にある豊かな文化的・社会的背景は
見えてきません。そこで本書では、『練習曲』の歴史
を紐解きながら、『30番』が生まれるに至った背景を
探る時間の旅へと、皆さんをご招待します」

とあります。

また、同じ「はじめに」から本書における
「大きな3つの観点」をご紹介すると、

●第1章→練習曲(エチュード)の誕生や展開などを
解き明かしながら、チェルニーの練習曲の特徴を見る

●第2章→練習曲が芸術的表現の場として成立した
1830年代に焦点を当て、練習曲というジャンルに迫る

●第3章→チェルニー30番練習曲から特徴的な14曲を選び、
他の作曲家の作品と比較しながら30番の世界観に迫る

「あとがき」に、本書は2014年4月から翌年5月にかけて、
全日本ピアノ指導者協会のウェブサイト上で公開された、

「チェルニー30番再考~パリ練習曲史の中で~」

を大幅に増補・改訂して一冊にまとめた、とあります。

同じ「あとがき」にありましたが、
出版の企画が持ち上がって、僅か4か月で完成。

もととなる原稿はあったとしても、これだけの
短期間で完成させたのは、純粋に驚きです。

巻末に掲載されている参考文献の多さは、
綿密な調査に基づく考察を端的に表しているようです。

また「チェルニーの練習曲・訓練課題一覧」は、
貴重な資料として価値あるものと言えるでしょう。

ちなみに、本書のための特設サイトでは、本書で
扱っている作品をまとめて視聴できるようです。

★『「チェルニー30番」の秘密:練習曲は進化する』~附録音源集

目次から主な内容をご紹介しましょう。

【第1章】「練習曲」誕生―ジャンルの成立と展開

1・「チェルニー30番」の正式名称
2・ジャンルとしての「練習曲」成立史
3・チェルニーと「練習曲」
4・チェルニーの特殊な練習曲

【第2章】練習曲とポエジー―創造的ジャンルへの変容

1・練習曲と詩的な理想
2・“詩的”なジャンルになった練習曲
3・チェルニーの“性格的”な練習曲

【第3章】「チェルニー30番」の秘密―メカニスムの背後に様式が見える

1・「30番」再考へのプレリュード
2・様式で読み解く「チェルニー30番」

おわりに
あとがき
チェルニーの練習曲・訓練課題一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)「練習曲」というジャンルへの見方が変わる一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「チェルニー30番練習曲」といえば、ピアノを弾く人であれば、
誰もが通る道、と言ってもいいかもしれません。

私もその一人ですが、小さいころは正直にいうと、
何のために練習するのかよく分かっていませんでした。

ただ、指導する立場になって作品に向き合ってみると、
その価値や面白さに、あらためて気づく思いです。

本書にもありましたが「チェルニー30番練習曲」は、

●作品849でかなり後期の作品(作品番号は861まで)

●パリでの初出版(1856年)がチェルニーが亡くなるわずか1年前

であること。

さらに、当時の「練習曲」の歴史の流れからみると、
このチェルニー30番練習曲に取り組む際には、

「即物的で機械的な音の連なりとして見るのではなく、
それぞれの音楽様式に則した解釈や演奏表現、なかでも
フレーズ感やテンポ感が重要になってくる」(本書より)

としていることからも、教える側の指導者こそ、
作品の「その奥」にあるものも見つめる必要がある、

とあらためて感じましたね。

特に、第3章からの各曲に隠された「秘密」に
迫る部分は、とても興味深いものがありました。

たとえば、

●第1番は17世紀の舞曲「ジーグ」が反映されている

●第2番はシューベルトの「あの曲」と同じような旋律の構造を持つ

●第7番はハイドンの「あの曲」と驚くほど共通点がある

●第13番は「チェルニーの紡ぎ歌」である

●第19番は弦楽四重奏風のスケルツォである

●第28番は管弦楽の響きを実現しようとした野心的な手法

といった感じでしょうか。

前半の「練習曲」にスポットを当てた部分が
かなりのボリュームに感じたこと、

後半、もう少し「30番練習曲」の詳細に踏み込んでも、
と思ったのは否めませんが、

それでも、これだけ多様な作曲家の練習曲を調べ上げ、
関連付けて一冊にまとめた業績は驚くばかりです。

ピアノ指導者にとっても価値ある一冊でしょう。

本書を読んだ後には、チェルニー30番の見方や、
練習曲の見方が変わるかもしれない書籍。

ご興味がおありの先生は、お手に取ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 「チェルニー30番」の秘密~練習曲は進化する 』 上田泰史・著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週からお知らせしております、

「ピアノ講師ラボ ダイジェスト版CDプレゼントキャンペーン」

いよいよ最終日まで「あと3日」となりました。

著名な9名の先生との対談を一枚にまとめた、
まさに贅沢な試聴版CDです。

無料でお手元に届くこのCDを、ぜひまずは
車のオーディオに入れてみてください。

第一線で活躍するピアノ教育家のお話を聴くと、
きっとレッスンへのやる気がみなぎってくるでしょう。

今回の無料プレゼントについてまとめた、
「特設ページ」をご用意しました。

こちらに著名な先生からのメッセージや、
詳しい情報や応募方法についてまとめました。

スマートフォンでも読みやすいページに
仕上がりましたのでぜひご覧ください。

また、最初に会員登録の必要がありますが、
こちらは商品発送のための「サイト会員登録」です。

正式な「ピアノ講師ラボ」のご入会ではありませんし、
もちろん入会金等の料金も発生しません。

ご安心してお申込みいただけたらと思います。

★あなたのレッスンが変わる一枚!★

「スペシャルダイジェストCD無料プレゼント」(3/31まで)

★ピンク色のボタンからご応募できます↑

この「ダイジェスト版CD」が先生のレッスンを
変えるきっかけとなりましたら無上の喜びです。

それでは最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国4,692名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★藤拓弘によるWeb連載がスタート!第18話まで公開中です
「人生で大切なことはすべてピアノ教室で学んだ」

★次回4月号はいよいよ杉浦日出夫先生がご登場!
自宅に著名な先生のレッスン法がCDで届く!「ピアノ講師ラボ」

★「ピアノ講師ラボ」から生まれた書籍。おかげさまで「5刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください