楽譜ガイド

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 レッスン・発表会のお役立ち楽譜ガイド(ONTOMO MOOK)』ムジカノーヴァ・編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日ご紹介するのは、

「レッスン・発表会のお役立ち楽譜ガイド」

というムック本です。

ピアノのレッスンで重要なポイントは
何といっても「選曲」でしょう。

どれだけ生徒一人ひとりに合う、
ぴったりの曲を与えられるか。

このことはレッスンや自宅での練習、さらに、
発表会でのモチベーションに大きく関わってきます。

今回は、楽譜選びに役立つ書籍のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本書の表紙には「楽譜選びのヒントが満載!」
といった記載のほか、

○著者・編者にきく 楽譜まるごと調査
○ピアノの先生が選ぶ テーマ別おススメ曲一覧
○発表会のプログラムから

と内容の紹介があります。

また目次を参照すると、

「本書の『テーマ別オススメ曲一覧』と『発表会のプログラムから』
は、月刊誌『ムジカノーヴァ』の連載『楽譜調査室』の2011年4月号~
2014年4月号の記事から、絶版商品を情報を除いて、再構成したものです」

とあります。

各カテゴリの最初にある説明文から
内容をご紹介すると、

●著者・編者にきく 楽譜まるごと調査
→どんなタイプの生徒におすすめか、望めるレッスンの効果、
レッスンの進め方について著者や編者からのアドバイス

●ピアノの先生が選ぶ テーマ別おススメ曲一覧
→苦手なテクニック、曲のイメージ、発表会の企画など
テーマ別にお勧めの曲と収録楽譜を紹介

●発表会のプログラムから
→6つの教室の発表会プログラムから「調査テーマ」
に沿った演奏曲目と収録楽譜を紹介

ちなみに「著者・編者にきく 楽譜まるごと調査」に
ご登場の先生をご紹介しましょう。

●パップ晶子先生
→「子供のために1・2」「ミクロコスモス1&2」(バルトーク)

●樹原涼子先生
→「ピアノランドコンサート 上・中・下」

●春畑セロリ先生
→「空想ぴあにすと」

●町田育弥先生
→「みみをすます1~4」

●デュエットゥ
→「ラッキー連弾・ハッピー連弾」

●伊藤康英先生
→「こどものぐるぐるピアノ1・2」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)実際に使って弾かせてみた現場の先生のおススメ楽譜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まったくやる気のなかった子。

ある曲を与えたら、その子に大ヒット、
目覚めたようにピアノを弾くようになった。

もしかして、過去にそんな生徒さんが
いらっしゃったかもしれません。

冒頭でもお伝えしましたが、
レッスンでのポイントは「選曲」

個性も性格も違う生徒に、与えるべき教材、
喜びそうな曲を選び提供する。

それが生徒のモチベーションにつながり、
レッスン自体の楽しさにもつながる。

だからこそ「目利き」のセンスは、
ピアノの先生には必須
と言えるでしょう。

そのためには、日々の教材研究は重要ですが、
目を通せる楽譜にはどうしても限りがあります。

そこで参考にすべきは、

「実際に使ってみた先生のおススメ曲」

でしょう。

また、なるべくたくさんの先生の意見に
触れることもポイントといえそうです。

本書で興味深いのは「テーマ別のオススメ曲」にて、
それぞれのニーズで選曲の参考にできること。

たとえば、

○まったく初めてピアノを習う大人の生徒さんにおすすめの曲
○オクターヴが学べる曲
○大人っぽい雰囲気を味わえる曲
○リズミックでノリのいい曲
○ドラマティックな起伏のある曲
○男の子向きの曲
○簡単だけれど上手そうに聴こえる曲
○クリスマス会にオススメの曲

といった感じです。

男の子は速い曲や元気な曲が好き。

たとえばその観点で本書を眺めてみると、
様々な曲がピックアップできるでしょう。

クラシックに限らず、現代の作曲家の作品や、
アニメソングなど編曲ものの紹介も嬉しいです。

最後には、先生方の実際の発表会プログラムを
紹介しながら、テーマ別に曲目を紹介。

○2~4歳でも発表会に挑戦できる作品
○ポジションがほとんど動かない両手の曲
○大人の生徒向けのポピュラー曲

など興味深いテーマで選曲されています。

正直、これさえあれば発表会の選曲には
困らないのではというほどの充実の一冊。

生徒を楽しく伸ばしたい、発表会を充実させたい
という先生には必携といえそうです。

ただ、お伝えしたようにこの書籍はムック本。
在庫があるうちに手に入れておくのが良さそうです。

ご興味がおありの先生は、
一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 レッスン・発表会のお役立ち楽譜ガイド(ONTOMO MOOK)』ムジカノーヴァ・編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月20日発売の「月刊ムジカノーヴァ」8月号の

「今月のプレトーク」

という記事にて新刊のご紹介をいただきました。

★参考「月刊ムジカノーヴァ」8月号

今回の記事は、ライターさんにインタビューして頂き、
拙著が生まれた経緯や思いなどまとめていただきました。

質問されると、あらためて考えることができ、
新刊への思いも新たに出てきました。

「大人になって改めて魅力に気づいた曲」

もちょっと載っていますので、もしよろしければ、
お読みいただけましたら幸いです。

さて、その新刊「ピアノ教室の法則術」ですが、
たくさんの先生にお読み頂き嬉しく思っております。

ヤマハ銀座店様の「音楽書人気ランキング2015年6月度」
でも第7位に入ってきていました。

★参考「ヤマハ銀座店様 音楽書人気ランキング2015年6月度」

これまた嬉しい出来事でしたね。

それでは今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3431名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★7月31日までにご入会の先生は、佐々木邦雄先生の対談からスタート!
始めた人から変わっていく。「ピアノ講師ラボ」

★「他の先生には読んで欲しくない」そんなお声も…
「ピアノ教室の法則術~成功への7つの極意(音楽之友社)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください