梶原香織先生 プロフィール写真

毎月、レッスンに活かせる音声CD教材とニュースレターを
お送りしている会員制サービス「ピアノ講師ラボ」

ちょっと早いですが、来月11月号の対談のご紹介をいたします。

ご登場頂くのは、関西ピアノ芸術連盟(KPA)の代表で、
京都府で梶原ピアノ教室を主宰されている、梶原香織先生。

梶原先生は、これまで十数年にわたって
シニアの方々へのピアノレッスンに取り組まれてきました。

「これからシニアのレッスンは必須」

とおっしゃる梶原先生、これまでのご経験と実践法を、
対談では惜しげもなく語ってくださいました。

ここからは内容のご紹介もかねて、

「シニアのピアノレッスンに取り組むべき5つの理由」

についてお伝えしてみましょう。

ピアノの先生が取り組むべき「5つ理由」

【1】シニアの方の家にはピアノがある

梶原先生もおっしゃっていましたが、シニアの方の
ご自宅にはピアノがあることが多いこと。

日本の景気が良かった昔、生産が追い付かないほど、
ピアノは飛ぶように売れました。

一家に一台とは言いませんが、多くの家庭には
ピアノがあったことはイメージできるでしょう。

その頃のピアノが、シニアの方のご自宅に眠っている。

生徒さんの中には、おばあちゃんの家で
練習している子もいるのではないでしょうか。

つまり、ピアノを習うために必要な「楽器」が
すでに身近にあるということです。

【2】弾いてあげたい、弾きたい気持ちがある

そんな中、せっかくのピアノを部屋の隅に
眠らせておくのはもったいない。

弾けるようにもなりたい。

楽器への愛着や、自分の趣味として始めたい、
そういう気持ちの方も少なくありません。

【3】脳によさそう

ピアノを弾くことは、頭を使い、指を使います。

それが脳にいいというイメージは、
やはりシニアの方にも共通のようです。

脳の活性化や記憶力の低下を防ぎたい、
というニーズは少なくないわけです。

それがピアノで楽しくできるのであれば、
一石二鳥だと多くの人が考えています。

【4】人とのつながりを求めている

孤独になりがちなシニアの方々にとって、
誰かと会える、話せるという喜びがあります。

梶原先生はグループレッスンを推奨していますが、
そこでの「人とのつながり」が喜ばれる。

新しい出会いを求める方が少なくない、
ということでしょう。

これは、最近シニアの合唱が盛んなのと
同じ理由だといえるでしょう。

同じ目的を持った方とお友達になり、
レッスンの後はお茶を飲みに行く。

そうした楽しみもあるようです。

【5】指導者にとってのメリットもある

教える側としてのメリットも少なくありません。

人生の先輩でもある方々と向き合えること、
指導するなかで、多くの学びが得られること。

弾けるようになった喜びやイベントなど、
感動で涙することもあるそうです。

シニアのレッスンでしか味わえないものが、
そこにはあるのです。

ピアノ講師ラボ11月号
「梶原香織先生が語る!人生が輝くシニアレッスンのコツとポイント(仮題)」

・シニアレッスンのスペシャリスト梶原香織先生のご紹介
・取り組み始めた「きっかけ」と世の中の「ニーズ」は?
・シニアの方がピアノに求めている「3つのこと」
・指導者としての「シニアレッスンの魅力」とは?
・そもそも「シニア」とは何歳から何歳?
・シニアレッスンを開講したい時にしておきたいこと
・成功するシニアレッスンの具体的な実践方法
・シニアの方にとって最適なレッスン回数は?
・ピアノを長く続けるポイントは「サークル化」
・読譜の指導のポイントはここ
・シニアのレッスンに最適な「3つの教材」
・これだけは外せない!シニアに人気の曲
・グループでレベルが違ってきたらどうする?
・宿題の与え方のポイントは?
・これだけはおさえておきたい!発表会開催のコツ
・シニアの生徒募集で効果があるのは○○○
・シニアの方とのコミュニケーションのコツ
・あるシニアの方から届いた「一通の手紙」
・梶原先生のこれからのビジョン
・梶原先生にとってのプロフェッショナルとは?

10月中に「ピアノ講師ラボ」にご入会された先生は、
こちらの梶原先生の対談の教材からスタートできます。

※11月号の発送開始は「11月1日」を予定しています

これからも魅力的な対談が続きますので、
楽しみにしていてください。

★詳しくはこちら「ピアノ講師ラボ」

ちなみに、梶原先生は11月7日(金)に新大阪にて
「シニアレッスン術セミナー」をされる予定です。

★関西ピアノ芸術連盟公式サイト

より具体的なシニアレッスンの方法を、
実際の映像を見ながら学べるということです。

ラボの会員様は、対談CDを聴いた上でご参加されれば、
より理解と実践が深まるでしょうね!

シニアレッスンにご興味のおありの先生は、
問い合わせてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★まずは無料のメルマガから!

全国2800名のピアノの先生が購読するメルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

こちらの記事もぜひお読みください