ジブリ

毎週土曜日に配信しているメルマガ「成功するピアノ教室」

前号までは、全国のピアノの先生がおススメしている
ピアノ教材について、ご紹介してみました。

ピアノ教本については、もう一つの「ピアノ教本メルマガ」でお伝えしていますが、
本日配信分をこちらのブログでもお伝えしてみましょう。

★「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」vol.306(2014年5月21日配信)より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 ジブリ・ベスト ストーリーズ 』   久石譲・作曲
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日ご紹介するのは、

『 ジブリ・ベスト ストーリーズ〈オリジナルエディション〉』

です。

久石譲さんといえば、ジブリ映画と切っても切り離せない
作曲家として国内外で知られています。

今回ご紹介の曲集は、ご本人が再編曲した名曲をまとめた、
初のジブリベストセレクションCDとのタイアップ楽譜。

★参考「ジブリ・ベストストーリーズ(CD)」

久石さんの監修による公式ピアノソロ楽譜です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「30年という時間」から引用すると、

「このアルバムは、その30年間に僕のソロアルバムとして制作して
きた中から、宮崎さんの映画のために書いた曲を集めたものである」

(「ジブリ・ベストストーリーズ」より)

とあります。

「風の谷のナウシカ」が上映されてから、何と30年。

いまだに色褪せず、多くの人の心を動かしている作品ですが、
久石譲さんの音楽がもたらす貢献度は、間違いなく高いでしょう。

曲集に収められている曲は全13曲。

以下にタイトルを挙げてみますが、
どの曲も皆さんがご存じではないでしょうか。

○One Summer’s Day(千と千尋の神隠し)
○Kiki’s Delivery Service(魔女の宅急便)
○Confessions in the Moonlight(天空の城ラピュタ)
○The Wind Forest(となりのトトロ)
○谷への道(風の谷のナウシカ)
○Fantasia (for NAUSICAA)(風の谷のナウシカ)
○il porco rosso(紅の豚)
○Ponyo on the Cliff by the Sea(崖の上のポニョ)
○海のおかあさん(崖の上のポニョ)
○人生のメリーゴーランド-Piano Solo Ver.-(ハウルの動く城)
○もののけ姫(もののけ姫)
○アシタカとサン(もののけ姫)
○My Neighbour TOTORO(となりのトトロ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆(2)ジブリの世界を堪能、久石譲監修による公式ピアノ楽譜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ピアノの先生も、ジブリの音楽が好きな方も多いでしょう。

久石譲さんの音楽には、独特の世界観があり、
そこに惹かれるものが少なくありません。

これは、ピアノで弾いて作品に触れてみると、
さらに実感するのではないでしょうか。

私もこの曲集を全曲弾いてみましたが、アレンジも素敵で
サントラとはまた違った良さがあります。

例えば「il porco rosso (紅の豚)」の中間部からの
「Feel Swing」はオシャレなアレンジ。

「Fantasia (風の谷のナウシカ)」は本当に幻想的で、
神秘的なアレンジで、この世界に包まれます。

特に好きなのは「アシタカとサン (もののけ姫)」。

個人的にDes-durが好きなのもありますが、切なさの中に
陽だまりのような温かさもあるように感じます。

全体のレベルは中~上級といったところでしょうか。

こうした素敵な作品に触れられている瞬間に思うのは、

「ピアノが弾けてよかった」

といった「喜び」に似た感情。

この世界観を自分の手で紡いでいる、という実感が、
ピアノを弾く醍醐味なのかもしれませんね。

今回の曲集も、まさにそれを感じる一冊です。

もしご興味がありましたら、実際の譜面を
ご覧になってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国2600名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

こちらの記事もぜひお読みください