いつもこのブログをお読みいただき、
ありがとうございます。

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

今日ご紹介するのは、

「ピアノ曲集 風透る街に」

という曲集です。

楽器店で新しいピアノ曲集を見つけては、
夢中で楽譜を眺めて音符を追う…

そんな先生も多いことでしょう。

今回は素敵なピアノ曲集のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「はじめに」から引用すると、

「ピアノ曲集『風透る街に』は子どもから大人までが
楽しめる小品集として作曲しました。作曲のイメージの
元となったのは、主として私が何度か訪れたことのある
高原の街です。街の印象深い風物を思いつくままに
タイトルとして書き出し、順次曲をつけていったのです」

とあります。

作曲は、上越教育大学の名誉教授である、
作曲家の後藤丹(ごとうまこと)先生。

この曲集について、同じ「はじめに」から
要点を要約してお伝えすると、

●21曲が全く違う個性を持っていながら、
ひとつのトーンにまとまっている

●好きな曲を選び、組曲風に並べて
演奏するのも良い

版元のサイトによると曲の難易度は
「ブルクミュラー~ソナチネ程度」とあります。

また、高木裕美さんの演奏で「フォンテック」から
タイアップCDが発売されています。

本書に収められている作品をご紹介してみましょう。

【目次】

1.風の街へ
2.博物館の午後
3.自転車に乗って
4.草むらで跳ねるもの
5.樫の木の歌
6.路上のヴァイオリン弾き
7.詩人のノート
8.蒸気機関車の走る高原
9.夕方の峠道
10.湖の夜明け
11.イングリッシュローズの庭園
12.出さなかった絵はがき
13.谷川の散歩道
14.いちご農園の朝
15.花束をかかえて
16.小さなラグタイム
17.三毛猫カフェにて
18.蛍の谷
19.青い雪灯り
20.黒ツグミと話す
21.森の教会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)限りなくピュアな透明感に溢れたピアノ曲集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

忘れられない風景や懐かしい思い出、
風の匂い、空の色、芝生のてざわり…

ふとしたきっかけで心によみがえり、
しばしあの頃の感覚に浸る。

誰にでも、そんな瞬間があると思います。

特にピアノの先生であれば、
「音楽」にその瞬間を感じることも多いでしょう。

今回ご紹介の「風透る街に」も、
そんな遠い日を思い起こさせるような、

美しくピュアで、高原を吹き抜ける
風の街の情景のような、

透明感のある作品が並んでいます。

弾いてみると、それぞれの作品が
美しく個性的でありながら、

旋律の流れの美しさや、はっとする転調、
立体的な音楽を醸し出す対位法的手法など、

この曲集の世界観を感じることができます。

私がとくにいいなと思った作品を挙げると、

2.博物館の午後
5.樫の木の歌
7.詩人のノート
12.出さなかった絵はがき
21.森の教会

といった感じでしょうか。

作品の背景をイメージさせる曲のタイトルが、
どれも秀逸だと感じました。

目にしたら思わず手に取ってしまいそうなこの曲集、
装画はあの「蜜蜂と遠雷」を手がけた杉山巧さん。

この曲集の世界観を描き出している、
素敵な装画だと感じましたね。

また、版元の全音楽譜出版社さまのサイトでは、
この曲集についての特設ページもあります。

後藤先生のメッセージや、全曲の試聴もできます。

★全音楽譜出版社「風透る街に」特設ページ

レッスンや発表会はもちろん、
先生ご自身が弾いても素敵な時間でしょう。

ご興味がおありでしたら、
一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 ピアノ曲集 風透る街に 』 後藤 丹・作曲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社サービス「ピアノ講師ラボ」の

「ピアノ講師ラボ オータムキャンペーン」

終了まであと「4日」ほどになってきました。

「ピアノ講師ラボ」は、毎月ご自宅に、
著名な先生との対談CDをお届けするサービス。

業界の第一線でご活躍の先生のお話を、
2枚組のCD教材にして毎月お届け。

定期的に教材が届くので、継続して学べて、
レッスンへのモチベーションも維持できます。

ラジオのように車でCDを流すだけで、
耳からレッスンのアイデアを仕入れることができます。

いつも著名な先生の語り口に触れていることで、
生徒への言葉かけが変わり、レッスンのスキルアップも。

「ラボをやっているだけで、レッスンのネタに困りません」

という会員様も少なくありません。

9月中にご入会の先生は、10月号から
新しい学びをスタートいただけます。

10月号は、ピアノデュオ・ドゥオールの
藤井隆史先生と白水芳枝にご登場いただき、

「連弾で音楽性を育てるレッスンの秘訣」

といったテーマでお話いただきました。

お二人の対談が聴けるのも、
「9月30日まで」にご入会された先生だけ。

ぜひこの機会をご活用いただけたら幸いです。

★キャンペーンの詳細はこちらです←

それでは今日も最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

★好評発売中!業界には類書のない小説仕立ての実用書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★いよいよ発売!業界には類書のない小説仕立ての実用書
「夢をかなえたピアノ講師~ゼロからの180日(音楽之友社)」

★新刊のスペシャルムービーの公開も
「夢をかなえたピアノ講師」スペシャルサイト

★全国5,198名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください