信用の砂時計

私はこれまで2000人を超えるピアノの先生との
出会いをいただいてきました。

どの先生も素晴らしい方ばかりですが、
特に感銘を受けた出会いが数多くあります。

そして、そこから学んだことは数知れません。

自分への戒めと、少なからずの憧れを込めて、
このシリーズでは「気づき」を記していきます。

・・・

■支払いのスピードは…

ピアノ教室を運営していくため、レッスンしていくために
必要なものといえば、やはり「お金」でしょう。

ピアノを維持していくのにも、教材研究をするにも、
レッスンの向上を目指す学びにも「お金」がかかります。

ただ、この業界では「お金」について語る雰囲気は、
あまりないと言えるでしょう。

私はこれまで数えきれないピアノの先生との出会いを
いただくなかで、気づいた「お金」のこと。

今回はこのことをお伝えしてみましょう。

テーマは「支払いのスピード」です。

■拙著「ピアノ教室の法則術」から

昨年の5月に出版させていただいた、

「ピアノ教室の法則術~成功への7つの極意」

こちらは、ピアノ教室でも活かせる「法則」を
49個挙げて解説しています。

7つのカテゴリのなかに「お金の法則」を入れました。

これも、やはりピアノ教室運営やレッスンにおいて、
お金のことは避けられない要素だったからです。

さて、そのなかに、

「信用の砂時計の法則」

をご紹介しています。

これは、私が作った造語なのですが、
私自身が多くの先生から学んだことです。

簡単にいうと、

「支払いが早いとその分相手からの信用も得られる」

ということになるでしょうか。

■一流のピアノの先生は支払いが早い

とくに、一流のピアノの先生は、
支払いが驚くほどスピーディーです。

なぜなら、お金の使い方、支払い方には
人の心が表れると知っているから
です。

またお金の使い方ひとつで、信用を得ることも
あれば信用を無くすこともある

顕著なのが「支払いのスピード」です。

これは「支払われる側」の立場になって
考えるとよくわかるでしょう。

たとえば請求書を送って次の日に
支払いがあったとします。

「昨日の今日で、もうお支払いただいた!」
「こちらをきちんと考えていただいている!」

きっと純粋に嬉しいのではないでしょうか。

逆に支払いを先延ばしされてしまうと、

「請求書が届いていないのではないか…」
「忘れているのではないか…」

と不安になりますし、うがった見方をすると、

「こちらのことは優先順位が下なのかな…」

と思ってしまう人もいるかもしれません。

請求書が来てすぐにお支払いする人。
期限より遅れてお支払いする人。

同じ金額のお金を支払っているのに、
相手に与える印象が大きく変わってしまう。

ひいては相手からの「信用」も変わってくる。

これが「信用の砂時計の法則」です。

■まったく同じことがピアノ教室でも…

ここまでお伝えしてお気づきの先生も
多いかもしれません。

こうした現象は日々ピアノ教室でも
起こっていることですよね。

そうです。「月謝」の支払いです。

きちんとしている人(保護者)は、
絶対に月謝は遅れずに支払います。

忘れたとしても、きっとその日のうちに
走って教室まで届けにくることでしょう。

それは「お金」のことは「信用」に
つながっていることを知っているから
です。

逆に、いつも月謝が遅れる人もいます。

ピアノの先生が感じるその人への印象は…
おそらくいうまでもないでしょう。

■すべて「自分だったら」に置きかえる

一流のピアノの先生は、すべての出来事において、

「自分ならばどうするだろう?」

と常に考えます。自分目線で物事を考え、
そこからの学びを大切にするわけです。

先ほどの月謝の例であれば、

「受け取る側の立場ではこう感じた。
だから支払う側になったらこうしよう」

と考える。だからこそ支払いのタイミングには
とても気を遣うわけです。

私自身、この学びを得てからは、
お金はとにかく早め早めにお支払いする。

このことを意識するようになりました。

すると、先方からも喜ばれるようになり、
先延ばしがないので自分自身もストレスフリー。

なるほど、いいことばかりです。

繰り返しになりますが、同じ金額のお金なのに、
支払いのスピードだけで相手の信用が変わります。

簡単にできることだけれども、
多くの人がやっていない。

だからこそやった人には大きな恩恵がある。

一流のピアノ指導者は、
きっとこのことを知っているのでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3881名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★新しい学びの新提案!ご自宅に著名な先生のお話が毎月届く!
「ピアノ講師ラボ」←詳細はこちら

★おかげさまで「3刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

★今年は売り切れ御免!の「初回限定生産」お早目に…
レッスン手帳2016「マンスリー&ウィークリー」
レッスン手帳2016「スリム マンスリー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください