北村智恵プロフィール写真(新)

いつもこのブログをお読みいただき、
本当にありがとうございます。

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

弊社がご提供している会員制サービス「ピアノ講師ラボ」

次号8月号では「ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本」で著名な、
北村智恵(きたむら ちえ)先生をお迎えいたします。

■ピアノ指導者としてモチベーションが上がるお話の数々

北村先生のお話からは、レッスンへの情熱と
生徒さんへの心からの愛情を感じます。

「家では子ども一人で練習することが条件」

というお話からは、自宅での練習を習慣化させる
方法を語っていただいたり、

「バッハのインヴェンションの指導」

というところでは、バッハ研究の第一人者で
いらっしゃる北村先生ならではの指導順、

(講座でしかお話にならないそうです↑)

40年にわたって、障がいのあるお子さんに
レッスンをしてきてらっしゃるご経験から、

レッスンは「ライブ」であり「セッション」である
として、今この子に何ができるか?で指導をする。

(5歳で習いにきて、現在35歳の方もいらっしゃるとか!)

どのお話も本当に心に残るものばかりですね。

■特別に対談が試聴できるページをご用意

ちなみに、こちらの「次号予告ページ」では、
北村先生の対談音声が試聴できます。

★「ピアノ講師ラボ」次号予告ページ

ピアノ講師ラボの対談がどのようなものか、
ぜひ視聴していただけたら幸いです。

■北村智恵先生からのメッセージ

本当に幅広いお話を伺うことができた今回の対談。

この対談を聴くことができる
ラボ会員様は幸せですね。

さて、そんな北村先生から「ピアノ講師ラボ」に、
嬉しいメッセージをいただきました。

・・ ・・ ・・ ・・

「私が子どもたちにピアノを教え始めた四十数年前の日本では、
子どもたちのための教材研究など皆無に近い状況の社会でした。

そんな中、一人で国内外のレッスン教材の研究を続け、
自分なりの道を見つけ、孤軍奮闘し「音楽教育」としての
ピアノ・レッスンや指導者のあり方を世に問い続けてきたつもりです。

今、私は自分が元気なうちに、熱心な若い先生方に、
少しでもお役に立つことをお伝えしておきたいと心から思うと共に、
そのような先生方が「音楽」にも「教育」にも「本もの」を
求め続けて行かれる姿勢をもって下さることを願って、
そのための後押しをしたいと思っています。

そのようなネット・ワークに少しでもお役に立てれば幸いに思います」

・・ ・・ ・・ ・・

北村先生、素敵なメッセージをありがとうございます!

■「ピアノ講師ラボ」2016年8月号
vol.53「北村智恵先生が語る!
子どもの表現力と感性を育むピアノレッスンの極意」

●一人目の生徒さんが私をピアノの先生にしてくれた
●「問いかける」ことが北村先生のレッスンの真髄
●子どもをみくびらない、理想を持ち続ける
●最初のレッスンで理念を伝える重要性とは?
●導入期のレッスンこそ「自分で」気づかせる!
●家では子どもが一人で練習することが条件!
●導入期から表現力が学べる「ピーターラビットの本」
●「ハノン」でどうやって美しい音を身につけるのか?
●バッハのインヴェンションの指導法とおススメ教材
●ショパンを学びたいと思ったらまずはこの一冊!
●発達障がいのお子様へのレッスンのポイント
●これからのピアノの先生に必要なものとは?
●北村先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

北村智恵プロフィール写真(新)

【北村智恵先生プロフィール】

音楽教育家。
主な仕事は、ピアノ指導、楽譜の監修・校訂、
作・編曲等。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノート・
新聞・音楽雑誌への執筆等も三十数年に及ぶ。

相愛大学「ピアノ教授法」・「音楽学演習」講師。

全国各地でピアノ指導者のための講座・公開レッスンの講師を
つとめる一方、学校関係や、教育セミナーの講演も多い。

幼稚園での歌唱指導やリトミック指導の実践も
三十数年におよび幼児音楽教育にも力をそそいでいる。

日頃クラシック音楽に疎遠な人たちのためのコンサートを企画し
コメンテーターとして、クラシック音楽の普及に努め、’94年より9年間、
大阪府文化振興財団主催「セミナー・コンサート」の講師を務めたり、
阪神大震災や東日本大震災による被災遺児のための
チャリティーコンサートの活動も長年続けている。

’97年地域における福祉・文化活動への功労として
『ライオンズクラブ高槻基金』を受賞。

また、長年に亘り時折出演しているNHK「ラジオ深夜便 ないとエッセー」
においても音楽と社会の接点を語り、広く共感を得ている。

音楽教育図書、ピアノ曲集など著書多数。なかでも、
「シルバーエイジの今からピアニスト」は、
日本で初めての高齢者を対象にしたピアノ教則本として、
各方面から大きな反響をうけ、その指導内容や発表会の模様が、
NHKのテレビ番組「にんげんドキュメント」として放映され、
全国及び世界各地から大きな話題を呼んで何度も再放送された。

また、2004年に全音楽譜出版社より出版・重版されていた
「ピーターラビット ピアノの本」は、現在(株)パナムジカより
「ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本」として
リニューアル出版されているが、イギリスの原作絵本の各場面を
ピアノ導入本として作曲構成した、世界で初めての
“表現から入るピアノ・メソッド”で、その指導上の工夫や
画期的な内容、適確な教程は、専門家の間で高く評価されている。

★北村智恵先生公式サイト

■7/31までにご入会の方は北村先生の対談(8月号)からスタート!

この北村智恵先生との対談が聴けるチャンスは、
「2016年7月31日(日)」までにご入会いただいた先生だけ。

会員様以外は一切聴くことができない、
貴重な対談となっています。

なお、続く9月号では、大人のピアノレッスンの
スペシャリスト、角聖子先生にご登場いただく予定
です。

ここでしか聴けないお話が満載ですので、
ご興味があれば、ご検討いただけましたら幸いです。

ご興味のある先生は、ピアノ講師ラボについて
まとめたページがありますのでご覧ください↓

★著名な先生のお話が毎月自宅に届く!
「ピアノ講師ラボ」

↑ピアノ教育業界の重鎮、藤原亜津子先生との
対談のサンプル音源もお聴きいただけます

一歩足を前に出した人にだけ見える世界がある。
ピンときた先生は、ぜひお申込みください。

それでは最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。
いつも本当にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国4,179名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★藤拓弘によるWeb連載がスタート!第5話まで公開中です
「人生で大切なことはすべてピアノ教室で学んだ」

★9名の著名なピアノ指導者の対談が聴ける特別なCDをプレゼント↓
「ピアノ講師ラボ スペシャルダイジェスト版CDプレゼント」

★「ピアノ講師ラボ」から生まれた書籍。おかげさまで「5刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください