ダイジェストCD外側

いつもこのブログをお読みいただき、
本当にありがとうございます。

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

4月10日から実施しています、

「ピアノ講師ラボ 春のスペシャルダイジェスト版CDプレゼント」

嬉しいことに、初日からたくさんの先生から
お申込みをいただいております。

ありがとうございます。

■なぜ今回も「無料」でお届けするのか?

このダイジェスト版CDの無料プレゼントキャンペーン。
昨年の11月に引き続き、第2回目の実施となります。

前回実施した際に、

「今後、有料でのご提供も検討している」

とお伝えしました。

にも拘わらず、どうしてまた「無料」で
プレゼントすることにしたのか?

5年目を迎えた「ピアノ講師ラボ」の音声教材を
ぜひ体感して頂きたい、という気持ちはもちろんあります。

ただ、キャンペーンの再開をご希望される
先生がかなりの数いらっしゃったことは事実。

有料にして目先の利益を上げるよりも、

たとえ無料にしても、多くの先生に
喜んでいただくほうがずっと価値あること。

なにより、

「著名な先生の素晴らしいお話を、
ぜひたくさんの先生に聴いていただきたい」

という強い思いがあったことは、
ぜひともお伝えしたい点です。

■制作の段階で不思議な現象が…

このダイジェスト版CDを作成するにあたって、
これまで対談をすべて聴き直しました。

すると、不思議な現象が起こりました。

これまでも、収録や編集作業を通して、
何度も聴いているお話なのですが、

不思議なことに、新たな発見があるのです。
新たなインスピレーションが湧いてくるのです。

会員様からも同じようなご感想を
いただいたことがあります。

「聴き直すたびに感じる部分が違う」

きっと、そのときの状況や心の状態によって、
響くポイントが変わってくるのでしょう。

この点は、一度聴いて終わり、という
セミナーでは味わえない感覚でしょう。

■「学びの二度づけ」が効く!

この「ピアノ講師ラボ」の対談音声教材は、

●育児や介護などで忙しい
●セミナーに行く時間がない
●そもそも地方ではセミナーがない

そんな先生に、

「何とか学びの場をご提供できないか?」

「著名な先生のお話をお届けして、
レッスンに役立てていただきたい」

という思いから生まれたものです。

ただ、いただいた会員様のお声によると、
また違った「ニーズ」が見えてきました。

●海外の先生が日本の最新の指導法を学びたい
●セミナーと併用して学びを深めたい

実際に海外の会員様からは、

「海を越えて日本のレッスンを学べるのは有難い」

といったお声をいただいております。

(音声はダウンロード版をご活用頂いています)

また、ラボの音声教材で学んだうえで、
対談の先生のセミナーに参加してみる。すると、

「話の理解度や学びの度合いが全然違う」

という会員様からのお声もいただいています。

ある関西の先生が、

「これは学びの二度づけですね」

とおっしゃっていましたが、
まさに言い得て妙ではないでしょうか。

■セミナーが苦手…という先生に

もう一つのニーズとしては、

「セミナーに参加するのが苦手」

という先生です。

「人が集まるところにはいきたくない…」
「一人で勉強するのが好き」

そんな先生はきっといらっしゃるでしょう。

自分のタイミングで学びたい、
時間と場所を縛られたくない。

私も実はそういうタイプなので、
とてもお気持ちが分かります。

音声教材のメリットは、好きな時間に学べる、
場所を選ばず、自分のタイミングで学べる。

そういうところにあるのではと思います。

■ダイジェスト版にご登場の先生のご紹介

さて、ここであらためてダイジェスト版CDに
ご登場の先生のご紹介です。

どの先生も、業界のトップを走り続ける
著名な先生ばかりです。

私からの「聴きどころ」も添えて
ご紹介してみましょう。

cm_sasaki

●佐々木邦雄先生
「ソルフェージュの基礎指導に徹する本当の理由は?」

ピアノ教育で大切なのは「基礎」であり、ソルフェージュ教育が「演奏の鍵を握る」とおっしゃる佐々木先生。実際にピアノを弾いていただきながら、音楽とは何なのかについての印象深いお話です。

cm_imano

●今野万実先生
「導入期指導に失敗すると向こう20年大変になる!」

導入期からの「音作り指作り」を大切にされている今野先生。導入期の指導をおろそ かにすると向こう20年大変なことになる、というお話から、効果的なレッスングッズの活用法も具体的にお話いただいています。

cm_nishikawa

●西川奈緒美先生
「指先とタッチを養う『2つのトレーニング法』とは?」

音の響きを大切にした西川先生のレッスン。そのポイントは、やはり指や手首、肘や腕の使い方にありました。レッスングッズを活用した具体的な方法のお話をはじめ、「くねくね体操」もご紹介いただいています。

cm_ujita

●宇治田かおる先生
「オクターブがラクに弾けるようになる魔法の指導」

宇治田先生の対談でのキーワードは「ラクに弾く」こと。体の使い方のお話はすべて 目からウロコでしたが、特にこのオクターブの奏法はなるほどでした。宇治田先生の心にスッと入ってくるお話ぶりもお楽しみください。

cm_haruhata

●春畑セロリ先生
「生徒の目をパッと輝かせるリアクション術」

出会う人すべてを魅了してしまう春畑先生。コミュニケーション力の話題から、先生の反応一つで、生徒の目はどんどん輝くというお話を、春畑先生ご自身がジャズを習いに行ったときのエピソードを交えてお届けしています。

cm_goto

●後藤ミカ先生
「幼児でもできる演奏に活かせるアナリーゼの方法」

レッスンでは、導入期の子だからこそ「いい耳」を育てようとすることがポイントと語る後藤先生。どうすれば小さい子にでも「音を聴こう」「いい音で弾こう」と思わせるのか? そのヒントを語っていただいています。

cm_nihonyanagi

●二本柳奈津子先生
「レッスンを極めると楽譜から生徒の未来が見える!」

柔らかい雰囲気でありながら、情熱的なレッスンをされる二本柳先生。「おまけでマルをしない」というお話も含めて、決して妥協することなくすべてのレッスンに向き合うことの重要性をお話いただいています。

cm_maruko

●丸子あかね先生
「これからのピアノ指導者は何を目指すべきなのか?」

数々の教本で著名な丸子先生。先生のレッスンの根底には、ピアノ教育への愛情や子どもたちへの愛情があります。情報共有のお話を含め、これからのピアノの先生は何を目指せばいいの かをお話いただきました。

cm_fujiwara

●藤原亜津子先生
「心に刻みたい、導入期レッスンが最も大切な理由」

導入期のレッスンを最も重視していらっしゃる藤原先生。習いはじめのレッスンの重要性から読譜についてのお話まで広がりました。さすがご指導歴50年を超える藤原先生、すべてのお話に含蓄があります。すべてのピアノ指導者は必聴でしょう

どの先生も、今日からのレッスンに
活かせるお話ばかりです。

なにより、このダイジェスト版CDの制作に
ご賛同・ご協力いただいた著名な9名の先生方に、

心から感謝いたしております。
本当にありがとうございます。

■在庫には限りがございます

このダイジェスト版CDの在庫には限りがあります。
ご希望の方はぜひお早目にお申込みください。

こちらに詳細をまとめてページがありますので、
よろしければご覧ください↓

「ピアノ講師ラボ 春のダイジェスト版CDプレゼント」

このダイジェスト版CDが皆さんのレッスンを変える
きっかけになりましたらこの上ない喜びです。

それでは最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

★「春のスペシャルダイジェストCD無料キャンペーン」(4/20まで)
詳しくは画像をクリック!↓
今なら「試聴版 スペシャルダイジェストCD」をプレゼント!著名な先生による過去対談から選りすぐりの音声を凝縮今ならこの「スペシャルダイジェストCD」を無料で進呈!しかも送料も無料!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国4000名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★来月5月号ではピアニスト・文筆家の青柳いづみこ先生が対談にご登場!
ピアノ講師ラボ

★おかげさまで「4刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

★今年は売り切れ御免!の「初回限定生産」お早目に…
レッスン手帳2016「マンスリー&ウィークリー」
レッスン手帳2016「スリム マンスリー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください