伊藤康英先生プロフィール写真

いつもこのブログをお読みいただき、
本当にありがとうございます。

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

弊社がご提供している会員制サービス「ピアノ講師ラボ」

次号4月号では「ぐるぐるピアノ」でおなじみの、
伊藤康英(いとう やすひで)先生をお迎えいたします。

吹奏楽をされている人であれば、
誰もが知る、交響詩「ぐるりよざ」

オペラ「ミスター・シンデレラ」などの舞台作品、
声楽曲や多数の室内楽曲も作曲。

ピアノの先生であれば、伊藤先生の「ぐるぐるピアノ」
一度は連弾を楽しんだことがあるでしょう。

■今回はソルフェージュレッスンについて

今回の対談では、作曲家の伊藤先生をお招きして、
主にソルフェージュレッスンについてお聴きしました。

ピアノ教育はソルフェージュが基本であり、
読譜は重要なテーマであること。

また、和音や響きなどへの興味喚起など、
子どもたちへのアプローチ法はなるほどです。

■ピアノの名手でいらっしゃる伊藤先生

伊藤先生は、ピアノの名手としても知られています。

対談でも、ピアノをたくさん弾いていただきながら、
興味深いお話をいただいております。

なぜこの作曲家はこの場面でこの和音を使ったのか?
この和音でなければならなかった理由は…?

驚くのは、伊藤先生は初見でピアノを弾くときにも、
瞬時に頭のなかでオーケストレーションしていること。

このメロディはオーボエ、ここは弦楽器、
ここはファゴットの音色で弾いてみよう…

ピアノで多彩な音色を創り出すその裏には、
膨大な知識とテクニックはもちろん、

伊藤先生の素晴らしいイマジネーションが
あるのだと感じました。

伊藤先生のピアノを聴くことができるのも、
会員様の特典といえるかもしれませんね。

■子どもでもすぐにできてしまう「作曲法」とは?

私もぜひレッスンでも実践したいと思ったのが、
「子どもでも作曲が楽しめる方法」

作曲家の伊藤先生ならではの方法で、
小さい子でも簡単に作曲ができる方法です。

対談のなかでも、伊藤先生の伴奏にのって、
私も実践させていただきました。

確かにこの方法ならば一本指でも作曲できる!
とかなり驚きました。

(伊藤先生の突然の転調についていけてないですが…笑)

これは今日からのレッスンで使えるアイデアですね。

■伊藤康英先生からのメッセージ

その他、ご著書を効果的に使う方法や、
本番を成功させる考え方など、

本当に幅広いお話を伺うことができました。

この対談を聴くことができる
ラボ会員様は幸せですね。

さて、そんな伊藤先生から「ピアノ講師ラボ」に、
嬉しいメッセージをいただきました。

・・ ・・ ・・ ・・

「ピアノ講師ラボ」のCD教材のために、
藤拓弘さんと対談をした。

藤さんは話を引き出すのがとてもお上手で、
ぼくはうっかり話しすぎてしまった。

だから、しまった、
もう話すネタが尽きたじゃあないか。

試しに、CDを聞いてみてごらん」

・・ ・・ ・・ ・・

伊藤先生、素敵なメッセージをありがとうございます!

ピアノ講師ラボ2016年4月号
vol.49 作曲家の伊藤康英先生が語る!
音楽の魅力を伝えるソルフェージュレッスンの秘訣

○「ぐるぐるピアノ」で著名な伊藤康英先生のご紹介
○作曲家への道は「子ども時代」に創られていた!
○作曲家の伊藤先生が考える「音楽」とは?
○ピアノ教育で大切なこととソルフェージュについて
○音部記号に親しむなら「クレ読み」が必須!
○伊藤先生の「ぐるぐるピアノ」の魅力とは?
○「言葉遊び」で音名が自然に身につけられてしまう!
○「ハノンのハ」の連弾で音楽的な練習をする方法
○和音で子どもの目を輝かせる「わ・お・ん・ぱれーど」
○優れた作品は「ベースライン」で決まる!
○子どもでも「作曲」が楽しめてしまう方法とは?
○緊張していても本番で力を出す方法があった!
○これからのピアノの先生に必要なものとは?
○伊藤先生がこれから目指していらっしゃること
○伊藤先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

伊藤康英先生プロフィール写真

【伊藤康英先生プロフィール】

作曲家。交響詩「ぐるりよざ」などの吹奏楽曲で世界的に知られる。

また、ピアノ連弾曲集「ぐるぐるピアノ」シリーズ(全8冊、音楽之友社)は、
「ピアノの新しい楽しさを伝える楽譜」として話題沸騰中。

ピアニストや指揮者としても多くステージに立ち、
音楽の魅力を楽しく伝えるコンサートは人気を集めている。

作品にはオペラ「ミスター・シンデレラ」などの舞台作品、
200曲の声楽曲、90曲の吹奏楽曲、他、多数の室内楽曲がある。

作風としては、クラシック音楽を基盤としながら、
現代人にフィットする音楽作りを目指す。
シリアスな音楽からユーモア溢れる音楽、
また、心癒される音楽まで、多様な側面を持つ。

東日本大震災後は、福島から詩を発信し続けている和合亮一氏の詩に付曲。
なかでも「貝殻のうた」は、歌手・加藤登紀子らにもよってもCDに収められている。

近年は、アジアの吹奏楽界の発展のため、台湾、シンガポール、
香港などで、指導、指揮を行っている。

また、教育の分野においても、高校の音楽の教科書はじめ多くの教材に携わる。

東京芸術大学作曲科、同大学院修了、同大学非常勤講師。
日本音楽コンクール作曲部門入賞、静岡県音楽コンクール・ピアノ部門優勝、
日本管打・吹奏楽学会アカデミー賞作曲部門、研究部門受賞。
サクソフォーンのための作品コンクール最優秀賞、奏楽堂日本歌曲コンクール優秀共演者賞、
浜松ゆかりの芸術家顕彰。

現在は洗足学園音楽大学教授。

★伊藤康英先生公式サイト

■3/31までにご入会の方は伊藤先生の対談からスタート!

この伊藤康英先生との対談が聴けるチャンスは、
「2016年3月31日(木)」までにご入会いただいた先生だけ。

会員様以外は一切聴くことができない、
貴重な対談となっています。

また、4月号以降も魅力的な対談が
続々と決定しています。

ご興味のある先生は、ピアノ講師ラボについて
まとめたページがありますのでご覧ください↓

★著名な先生のお話が毎月自宅に届く!
「ピアノ講師ラボ」

↑ピアノ教育業界の重鎮、藤原亜津子先生との
対談のサンプル音源もお聴きいただけます

それでは最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。
いつも本当にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3960名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★おかげさまで「4刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

★今年は売り切れ御免!の「初回限定生産」お早目に…
レッスン手帳2016「マンスリー&ウィークリー」
レッスン手帳2016「スリム マンスリー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください