月謝の値上げ

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

さて、毎年実施して5回目となった、

「ピアノ教室運営と生徒募集に関するアンケート2014」

お伝えしておりますように、過去最高の「714名」
回答数をいただき終了いたしました。

皆様の教室運営にお役立て頂きたく、弊社メルマガ「成功するピアノ教室」
にてアンケートの結果をシェアしております。

■最近では「お金」について

最近のメルマガ では、ピアノ教室の「お金」について
様々な視点で考えてみています。

前回のブログでは、「月謝の値上げの工夫」
について詳しくお伝えしましたね。

★ピアノ教室の月謝の値上げ、既存生徒と新規生徒と価格を分ける方法も…

実施したアンケートでは、

問18「月謝の値上げの際のポイントや、
滞納を防ぐ方法などがあれば教えてください」

という質問を用意してみました。

今回も「月謝の値上げのポイント」についてお伝えしましょう。

※今回も月謝の「全面的な値上げ」がテーマです

■とにかく納得のいく説明をする

これは当たり前のことですが、月謝の値上げは、
どれだけ生徒(保護者)に納得していただくか

これに尽きると先生方も感じていらっしゃいます。

そのためには、どういった理由での値上げなのか、
丁寧に説明していく
必要があります。

また、この納得の度合いについては、
日頃の先生との信頼関係やレッスンの満足度、

将来的な期待などの要素によって、
大きく変わっていくのはいわば当然です。

「日々のレッスン」や「コミュニケーション」
いかに大切かは、こうした状況で顕著でしょう。

■どういった理由を挙げているか?

先生方のアンケートの回答から、
月謝の値上げの理由を挙げてみましょう。

●教室の移転やリフォーム
●ピアノのグレードアップ
●ピアノの増台
●教室設備の改善・増設
●資格取得による付加価値の増加
●年間レッスン回数の増加
●レッスン内容の拡大
●レッスン時間の増加
●イベントの増加
●コンクールでの実績
●調律回数の増加
●開講○周年を機に

ピアノのグレードアップ、ピアノの台数増、
教室のリフォームや設備の向上など、

「ハード面」でのクオリティアップは、
目に見えるので理解して頂きやすいのでしょう。

また、セミナー参加や研究、自己研鑽、
指導のレベルを上げる努力をしていること…

「レッスンの質が向上するため」

といった理由を挙げている先生が多いのは、
それなりに説得力があるからでしょう。

ただ、こうした「ソフト面」での向上は、
目に見えにくいため丁寧な説明が必要
でしょう。

これに伴い、資格の取得やコンクールでの実績は、
分かりやすい説明にはなるようです。

レッスン回数を増やして欲しいというニーズは…?

逆に、レッスン時間を増やす、回数を増やす、
という理由はそれほど多くないという印象です。

「レッスン時間を増やすくらいなら、
月謝はそのままにしてほしい」

「レッスン回数は別に増やさなくても…」

生徒や保護者がそんな風に思ってしまう場合は、
納得していただく可能性も低下すること。

「そこにニーズがない場合、
値上げの理由としては弱い」

当然ですが、これは言えるでしょう。

(時間・回数が増えて嬉しいという
生徒ももちろんいるとは思います)

■消費税の増税は納得されやすい?

タイミング的にご意見で多かったのが、

「消費税の増税のタイミング」

でした。世の中のシステム自体の変更だけに、
納得してもらいやすいことはいえそうです。

アンケートのご回答では、

「『消費税上がりましたからね…』と皆さん納得されます」

というご意見もありました。

いわゆる「分かりやすいタイミング」である
ことはいえるでしょう。

ただ例えば「消費税の増税分」を値上げしたところで、
月謝にはほとんど変化はないでしょう。

おそらく数百円といったところでしょうか。

月謝の思い切った値上げを検討するならば、
消費税の増税分ではすまないことは明白です。

ここまで考えると「消費税の増税」は、

「タイミングとしてはいいが、
理由づけとしては弱い部分がある」

と考えたほうがよさそうです。

ですので、もし消費税の増税のタイミングを狙って、
月謝の全面的な見直し、思い切った値上げをするならば、

「増税以外のきちんとした理由づけは必須」

ということになるでしょう。

先ほど挙げたような、値上げの理由を挙げながら、
時間をかけて丁寧にご説明すること。

決して、上からのものの言い方にはならず、
また、書面だけではなくきちんと口頭で説明すること。

(しっかり面談をセットする先生もいらっしゃいますね)

生徒さん(お子さん)のメリットを第一に考え、
上手に「未来」を見せてあげること。

こうしたことはとても重要になってくるでしょう。

■次号のメルマガでは「退室防止」について!

いろいろとお伝えしてきましたが、
長くなりますのでここまでに…

次号のメルマガでは「退室を防ぐポイント」に
ついて考えてみる予定です。

★メルマガは毎週土曜日の朝に配信しています

どうぞお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3513名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★10/31までにご入会の先生は高橋千佳子先生の教材からスタート!
始めた人から変わっていく。「ピアノ講師ラボ」

★今年は売り切れ御免!の「初回限定生産」お早目に…
レッスン手帳2016「マンスリー&ウィークリー」
レッスン手帳2016「スリム マンスリー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━