stepmail

私はこれまで2000人を超えるピアノの先生との
出会いをいただいてきました。

どの先生も素晴らしい方ばかりですが、
特に感銘を受けた出会いが数多くあります。

そして、そこから学んだことは数知れません。

自分への戒めと、少なからずの憧れを込めて、
このシリーズでは「気づき」を記していきます。

・・・

■引っ越し業者さんを探したときのこと…

以前、引っ越しをするときに、引っ越し業者の
一括見積りサイトに登録したことがあります。

世の中にはたくさんの引っ越し業者さんがあって、
しかも引っ越しは頻繁にするものではないので…

はたしてどの業者さんがいいのか見当もつきません。

でも、なるべくいいお仕事をされるところで、
しかもリーズナブルならばもっといいですよね。

ということで、まずは試しにと思い、
見積もりを取ろうと登録したのでした。

■一番連絡が速い業者はなんと…

サイト登録が完了してすぐに、
ある引っ越し業者さんから電話が来ました。

登録してから、わずか3分。
早過ぎてビックリした記憶があります(笑)

また、さすがだなと思った記憶もあります。

もちろん、他社よりも先に契約を取り付けよう!
という狙いは少なからず感じましたが(笑)

ただ、そのスピード感には情熱を感じますし、
対応できるだけの「マニュアル」も社内にできている。

また多くの場合、最初にコンタクトを取ったところの
話を一番よく聴き、そのぶん記憶が残るものです。

案の定そのあと、他の引っ越し業者さんから
ジャンジャン電話がかかってきましたが、

だんだん面倒になってきて、要点だけ聴いて切る、
ということが続きました。

結局、丁寧で一番対応が速かったところに決めました。

■楽譜を注文すると当日配達されるこの時代に…

世の中はスピード化が進んでいます。

ネットで楽譜を注文すると翌日、もっというと、
その日のうちに配達されることも。

これは20年前には考えられなかったことですよね。

(個人的には楽器店でじっくり眺めるのが好きですが…)

先ほどの引っ越し業者さんの事例のように、
「対応の早さ」もサービスのひとつなのでしょう。

ただこのことは、今の若い世代や若いお母さんに
とってはいわば「いたって普通のこと」なわけです。

物心ついたときには「注文→すぐ届く」という
図式が出来上がっているわけですから。

早いのが嬉しい、というより「早いのが当たり前」
と思っている人も少なくないでしょう。

それだけに、対応が遅ければすぐに見切りをつける、
ということも往々にしてあるようです。

■対応が早いだけで抜け出せる業界

ピアノ教室を探す人にとっても、
このことは同じではないでしょうか。

なるべく早く、しかも丁寧に対応してくれる
教室には好印象を抱きやすい。

最近では、たくさんの教室をまわってみて、
教室を決める人も少なくありません。

なかには、必ず「問い合わせでの対応」で
教室の印象を決めている人もいるはず
です。

たとえば、メールでお問い合わせをしたら、
3日後にやっと返信メールがきた。

おそらくその教室はチャンスを逃します。

問い合わせの電話を2回したけれど出ない。
おそらくその教室はチャンスを逃します。

逆に考えると、ゆったりとした業界だけに、
即返信、即対応するだけで一歩抜け出せます。

教室を探している人にとっては、
たったそれだけで好印象に映るわけです。

■著名な先生ほど対応が早い?

私はこれまでたくさんのピアノの先生との
出会いをいただいてきています。

そのなかで、うまくいっている先生の特徴が、

「メールの返信がとにかく速い」

ということ。これは著名な先生ほど、
また、忙しい先生ほど顕著です。

ある方は、早朝深夜に関わらず、
メールすると「即」返事がきます。

いったい、いつ寝ていらっしゃるのだろう?
といつも不思議です(笑)

(ちなみにパソコンにメールをしています)

また、ある先生に問い合わせのメールをしたところ、
ものの「数分」で携帯に電話がきました。

著名な先生だけに、返信は遅いだろう…
と思っていたところに、直接のお電話。

驚きとともに、嬉しかった記憶があります。

忙しいということは、それだけこなすべき
案件が多いということ。

メールも溜めれば溜めるほどあとで大変になります。

それを解消する方法が「すぐやる」こと。
問題はなるべく「その場で」解決すること。

忙しいからメールが返信できないのではなく、
忙しいから速くメールを返信するのです。

忙しいからメールが返信できないのではなく、
忙しいから電話に切り替えて素早く解決するのです。

■相手思考ができると対応も自然と早くなる

拙著でも書きましたが、相手の立場で
ものを考えられると自然と対応も早くなる。

「この人は○○で困っているのだな、
なるべく早く教えてあげよう」

「この人は仕事を先に進めたいだろうな、
だから1分でも速くメールの返信をしよう」

「この人にはメールよりも電話のほうが
誤解なくしかも早く話をまとめられそうだな」

このように「相手」を第一に考えるからこそ、
自然と対応のスピードも変わってくるのでしょう。

そこには、相手を思いやる気持ち、
相手を大切する心が見え隠れしています。

うまくいっているピアノの先生の秘密は、
どうやらこの辺りにもありそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3848名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★新しい学びの新提案!ご自宅に著名な先生のお話が毎月届く!
「ピアノ講師ラボ」←詳細はこちら

★おかげさまで「3刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

★今年は売り切れ御免!の「初回限定生産」お早目に…
レッスン手帳2016「マンスリー&ウィークリー」
レッスン手帳2016「スリム マンスリー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください