こもれび

私はこれまで2000人を超えるピアノの先生との
出会いをいただいてきました。

どの先生も素晴らしい方ばかりですが、
特に感銘を受けた出会いが数多くあります。

そして、そこから学んだことは数知れません。

自分への戒めと、少なからずの憧れを込めて、
このシリーズでは「気づき」を記していきます。

・・・

■美しい人→美しい言葉

一流のピアノ指導者が大切にすること。
それは「言葉」です。

素敵な先生とお話させていただき、
気付くことは、

「つかう言葉が美しいこと」

それは生きるうえで、相手にも自分にも
大切なことだと知っている
のです。

■相手→鏡の向こうの自分

人間関係は「鏡」に例えられます。

笑顔で接すれば、
相手も笑顔になる。

感謝の気持ちで接すれば、
相手も同じ気持ちになる。

言葉も同じです。

つかう言葉によって、
相手の反応は変わります。

ていねいな言葉をつかえば、
同じような反応が返ってくる。

これは小さい子でも同じ。

むしろ小さい子にこそ、
良い言葉を浴びせ続ける。

一流のピアノ指導者は、

「言葉そのものが贈り物」

と考えて、一言一言を大切にします。

■脳は○○を認識しない?

言葉が大切な理由は、
「自分への影響」もあります。

こんなことを聞きました。

「脳は勝手に主語を『自分』に置きかえる」

たとえば、

「あの人最悪ね」

といえば「あの人」が「私」に置きかわり、

「私って最悪ね」

となって認識してしまう。

こだまと同じ、あっという間に
自分に返ってきてしまう
のです。

■相手を褒めることの「もう一つの効果」

この原理は、ほめることでも同じです。

「あなたって本当に素晴らしいね!」

といえば「あなた」が「私」に置きかわり、

「私って本当に素晴らしいね!」

となるらしいのです。

誰かを褒めれば、
自分を褒めることになる。

誰かに感謝すれば、
自分への感謝になる。

■言葉を最初に聴くのは「自分」

言葉の影響を一番受けるのは、
まぎれもない「自分」です。

悪い言葉をつかえば、
その影響をMaxに受けるのが自分。

ポジティブな言葉をつかえば、
その影響をMaxに受けるのも自分。

「言葉」と「自分のあり方」には
大きな関係がある
ということです。

言葉を大切にすることは、
目の前の人を大切にすることであり、

自分を大切にすることでもある。

言葉は相手への贈り物でもあり、
自分への贈り物でもある。

一流のピアノ指導者が美しい言葉を
つかう理由はそこにあるのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3373名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★シリーズ第5弾の「新刊」が5/23に発売!
「ピアノ教室の法則術~成功への7つの極意(音楽之友社)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★特典満載のキャンペーいよいよあと「7日」↓

newterm_bonus

こちらの記事もぜひお読みください