ソナチネアルバム

毎週水曜日には、ピアノ教本や教材についてメルマガでお届けしています。

本日も配信したばかりですが、こちらでもご紹介してみましょう。

★「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」vol.311(2014年6月25日配信)より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆(1)今日の教本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 新 こどものソナチネアルバム 』 松本倫子・編・轟千尋・解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日ご紹介するのは、

『 新 こどものソナチネアルバム 』

です。

ピアノを弾く人であれば、おそらく誰もが一度は
聞いたことや弾いたことがある教材。

それが「ソナチネアルバム」ですね。

今回は、その新版を取り上げてみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭から引用すると、

「『ソナチネアルバム』は、これから学んでいくさまざまな音楽の
 基礎にあたり、『ソナタ』へ進む前に誰もが学ぶ、ピアノ学習者
 の必修教材です」

とあります。

また今回の教材について、要点をご紹介すると、

○形式が分かりやすく、はじめてのアナリーゼに最適
○“プチ・アナリーゼ”を通して構成力を育てる
○32曲から「ソナタ」へ進む前に学んでおきたい8曲を厳選

とあります。

この“プチ・アナリーゼ”については、

「解説を読むことで楽譜のメッセージを読み解く力がつく」

として、次のような「進め方」が紹介されています。

【1】模範演奏を聴く(先生orCD)
【2】形式を生徒と一緒に確認する
【3】譜読み
【4】解説を生徒と一緒に読んで“楽譜を読みとく”
【5】楽譜から読みとったメッセージを演奏に活かす

特に、形式や解説を生徒と一緒に読み、質問を加えながら
考えることで、楽譜を読みとく力が養われるとしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆(2)読みとく力をつける新しい「ソナチネアルバム」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お伝えしたように、本来全32曲ある「ソナチネアルバム」
から8曲を厳選して掲載しているのが本書。

曲目をご紹介すると、

○クレメンティ:ソナチネOp.36-1
○ベートーヴェン:ソナチネAnh.5(No.5)
○クーラウ:ソナチネOp.55-1
○ベートーヴェン:ソナチネAnh.5(No.6)
○クレメンティ:ソナチネOp.36-3
○クーラウ:ソナチネOp.55-3
○ディアベリ:ソナチネOp.151-3
○モーツァルト:ソナタK.545

従来の版と比べても、音符も比較的大きく、
見やすい楽譜になっています。

また、特筆すべきは“プチ・アナリーゼ”や“ソナチネってなに?”
“プチ・楽典コラム”を執筆されているのが轟千尋先生という点。

ピアノ教育界では人気の作曲家の轟先生による、
分かりやすい解説とアナリーゼ。

こどもたちでも答えやすいような問いかけや、
なるほどな解説が指導者にとっても勉強になります。

あらためて「ソナチネ」「ソナタ形式」とは何か?と
問われると、分かりやすい説明が難しいことに気づきます。

この点、こうした教材で再確認しておくことは、
指導する上でも役に立ちます。

ソナチネアルバムのエッセンスを抽出して、子どもたちの
「読みとく力」をつける新しい「ソナチネ」。

ご興味のある先生は、ご覧になってみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『 新 こどものソナチネアルバム 』 松本倫子・編・轟千尋・解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国2680名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週おススメのピアノ教材や書籍もご紹介。配信解除もいつでもすぐにできます

こちらの記事もぜひお読みください