いつもこのブログをお読みいただき、
ありがとうございます。

株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

今日ご紹介するのは、

「ホロヴィッツ・ピアノの秘密」

という書籍です。

ピアノ関係の人であれば知らない人はいない、
伝説的なピアニスト、ホロヴィッツ。

今回は、そのホロヴィッツが愛した
スタインウェイ・ピアノに迫りつつ、

ピアノという楽器の可能性を追求した
書籍のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「まえがき」から引用すると、

「20世紀末のニューヨークにはまだ、
クラシック音楽が華やかだった頃の
残り香がありました。本書は、私が見た
その最後の光景だったと言えるでしょう」

とあります。

本書は伝説的なピアニスト、
ウラディーミル・ホロヴィッツが愛した、

「スタインウェイ〈CD75〉」

の秘密を明らかにしつつ、クラシック音楽や
調律師という仕事にまで言及した書籍。

著者は、調律師であり、
ピアノ・プロデューサーの髙木裕氏。

「まえがき」にもありますが、本書は、

「音楽の友」の2015年1月号~2017年4月号にて
3年3カ月の間、連載された、

「調律師から見たピアノと音楽」

を抜粋、校正、加筆したもの。

著者のこれまでの経験や知識を豊富に盛り込みつつ、

ホロヴィッツのピアノをはじめとする、
スタインウェイ・ピアノの秘密に迫り、

さらに最終章では「調律師」という
仕事や役割についても言及しています。

本書の内容を「目次」からご紹介してみましょう。

目次

まえがき

第1章 ホロヴィッツ・ピアノの秘密を求めて

ホロヴィッツのピアノに秘められたロマン派のピアニズム
ホロヴィッツの運命のピアノ
ホロヴィッツが見せた本音
大ピアニストたちの嫉妬を買っていたホロヴィッツ
“ニューヨーク”は邪道?スタインウェイ戦争の時代

COLUMN
ホロヴィッツ・ピアノの音を可視化する

第2章 かつてのスタインウェイ本社C&A部

スケールの違いを見せつけた本社C&A部
巨匠時代の最後を看取った調律師の言葉
製造番号から紐とく巨匠たちのピアノ
名器は感触や感覚によって作られる
スタインウェイ社の仲間たち
フランツ・モアでさえ釘を刺された、あの頃の日本

COLUMN
戦争を見たスタインウェイ

第3章 調律師がピアノをプロデュースする

ピアノ調律師は絶対音感の持ち主?
レコーディング現場、コンサート・ステージを支える調律師
聴力を失ったベートーヴェンの頭の中で鳴り響いていた音は
熱狂の嵐に包まれた浜離宮朝日ホール
サントリーホールが興奮のるつぼと化す
究極を目指していた時代のピアニストたち
ロマン派の時代はピアノ開発の歴史

COLUMN
第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで快挙!

あとがき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)巨匠が求めた音色とピアノの秘密に迫る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私も音大時代、友人に触発されて、
ホロヴィッツの演奏に熱狂していました。

爆音なのに決して割れない豊かなフォルテッシモ、
そして、究極に美しいピアニッシモ…

心地よいノンレガート、そして壮大な音楽。

彼が使っていたのがスタインウェイであることは
もちろん知っていたものの、

その背景にあるもの、秘密にまでは、
足を踏み入れることはありませんでした。

そこで本書。

巨匠ピアニストが求めた音色、
それを実現させるための職人たちの努力、

輝く舞台の裏で活躍する調律師の姿までが見える、
非常に興味深い一冊です。

個人的には、ホロヴィッツ・ピアノの
音を可視化したデータや、

スタインウェイ・ピアノの出生時の秘密がわかる
「戸籍謄本」とも言える製造番号について、

またコラムにあった、戦地の最前線で戦う兵士の
慰問用に作られた小型のスタインウェイ、

さらに、ショパンが愛したプレイエルに
ついての部分は興味深かったですね。

ホロヴィッツのファンの方や
ピアノ愛好家の方はもちろん、

ピアノ指導者が読んでも、新しい発見が
ある一冊ではないかと思います。

ご興味がおありの先生は、
一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 ホロヴィッツ・ピアノの秘密 』 髙木 裕・著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社の「ピアノ講師ラボ」

来月8月号にご登場は、世界的にご活躍の
ピアニスト黒田亜樹先生です。

ミラノ在住の黒田先生ですが、貴重なご帰国の
タイミングをいただいての収録となりました。

「身体とテクニックの基礎を固めるピアノレッスンの秘訣」

といったタイトルで、イタリアの音楽事情から
テクニック指導の詳しいお話まで満載です。

なによりお話が楽しい黒田先生、
きっとあっという間に惹き込まれるでしょうね。

こちらではサンプル音声もご用意しておりますので、
よろしければお聴きになってみてください。

★2019年8月号予告ページ←

今日も最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

★次回2019年8月号は世界的ピアニストの黒田亜樹先生との対談!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★好評発売中!業界には類書のない小説仕立ての実用書
「夢をかなえたピアノ講師~ゼロからの180日」

★今年も監修しました!「レッスン手帳2019」今回は楽譜付きです
レッスン手帳2019【マンスリー&ウィークリー】

レッスン手帳2019スリム【マンスリー】

★全国5,495名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください