ロシア奏法によるピアノ教本 はじめの一歩

冒頭が「ノン・レガート」で始まっているのが興味深いですね。

★「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」vol.369(2015年8月19日配信)より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ロシア奏法によるピアノ教本 はじめの一歩』O.ゲターロワ・他著・村手静子・訳
★リンク先は「1巻」となっています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日ご紹介するのは、

「ロシア奏法によるピアノ教本 はじめの一歩」

という教材です。

ロシアといえば、素晴らしいピアニストを
すぐにイメージされる方も多いでしょう。

今回は、ロシアンメソッドによる
ピアノ教本のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「編集者のことば」から引用すると、

「この本は、ピアノ奏法の基礎をどうやって子どもに習得
させるか、その教程を系統的にまとめたピアノ導入書です。
編集の際、わたしたちはガッチナ市立第2児童音楽学校特別
ピアノ・クラスでの長年の音楽教育の経験をもとに、教育現
場で成果のあった練習法と曲をすべてここに収めました」

とあります。またこの教本については、

●本シリーズは3部構成になっている
●第1部は教本、収録された曲は必ず指定の順序で進める
●第2部はピアノ・ソロ曲集、第3部は連弾曲集
●ピアノ教師が小学校入学前の幼児や低学年の子どもたちに
ピアノを教える場合を想定して作成した

といったことを挙げています。

この教本(日本語版)は、4冊で構成されています。

巻頭にあるようにこの教本は、ロシア版の
第1部(教本)を三分冊にして教本第1~3巻に、

第2部(ソロ曲集)と第3部(連弾曲集)を
1冊にまとめて、4冊シリーズに再編集されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)系統的にまとめられたロシア奏法のピアノ教本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ピアノで大切なものといえば「音色」

たとえば、同じ曲を数人で弾いても、
決して同じ音色はないことに気づきます。

それは体格や性格の違いかもしれませんし、
習ってきたことや弾き方、耳の使い方の違い、

あるいは、求める音色の違いかもしれません。

いずれにしても、どんなときも忘れたくないのは、

・美しい響きをピアノから引き出すこと
・美しい音色を追求し実際の音にすること

といったことではないでしょうか。

ただ、たとえば幼児の導入期レッスンにおいて、
これらを指導するのは、簡単なことではありません。

そうした意味でも、今回ご紹介の教本では、
大きな示唆を与えているのではないでしょうか。

私はこの教本を使用したこともなく、
ロシア奏法が何かも詳しく知りません。

ただ、この教本の1巻の最初にあるのが、

「ノン・レガート」

であることに大きなヒントがあると感じました。

同じ冒頭部分にこうしたことが書かれています。

「音を鍵盤から引き出すこと」

ノン・レガート奏法によって、
響きのある音を鍵盤から引き出す。

ノン・レガートによって手の形を学び、
そこから「美しいレガート」につなげる。

それがフレーズ感となり、
流れる音楽を創る土台となる。

この教本がノン・レガートで開始されていること、
これが大きなキーワードではないかと感じます。

第3巻まで続く教本は、ロシア奏法について、
こと細かに構成されています。

その根底にあるものが、やはり
「響き」の部分ではないでしょうか。

ロシア奏法にご興味のある先生は、
一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ロシア奏法によるピアノ教本 はじめの一歩』O.ゲターロワ・他著・村手静子・訳
★リンク先は「1巻」となっています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介の「はじめの一歩」の教本。

この教本を使用した実践セミナーが、
11月にヤマハ銀座店様で開催されるようです。

訳をされた村手静子先生も、
特別ゲストとしてご登場されるとのこと。

ロシア奏法とはどういうものなのか、
この教本の真髄はどこにあるのか。

ご興味のある先生にはぴったりのセミナーかもしれません。

■ロシア奏法によるピアノ教本「はじめの一歩」実践セミナー

○開催日:2015年11月25日(水)10:30~12:30
○会場:ヤマハ銀座コンサートサロン(6F)
○受講料:一般3,500円 会員3,000円
○お問い合わせ:03-3572-3136
○詳しいページはこちら(ヤマハ銀座店様サイト)

それでは今号も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3482名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★8月31日までにご入会の先生は、六島礼子先生の対談からスタート!
始めた人から変わっていく。「ピアノ講師ラボ」

★「他の先生には読んで欲しくない」そんなお声も…
「ピアノ教室の法則術~成功への7つの極意(音楽之友社)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください