夕やけの空

私はこれまで2000人を超えるピアノの先生との
出会いをいただいてきました。

どの先生も素晴らしい方ばかりですが、
特に感銘を受けた出会いが数多くあります。

そして、そこから学んだことは数知れません。

自分への戒めと、少なからずの憧れを込めて、
このシリーズでは「気づき」を記していきます。

・・・

●ピアノ指導者→学ぶ人間

一流のピアノ指導者が大切にすること。
それは「学びにお金をかけること」です。

とにかく学ぶことには貪欲です。

それが、この仕事で生きていくために、
何をおいても重要だと心得ているからです。

そして自分を高めるためであれば、
お金がなくても何とか捻出して学びます。

●利回りのいい投資先→自分

最近は投資の話題も多く上がります。

ただ金融商品よりも興味を持つべきは、
「自分への投資」です。

一流のピアノ指導者のマインドは、

「まだまだ自分は伸びていける」

この思考があるからこそ、
積極的に自分にお金をかける。

書籍や教材研究、勉強会やセミナー、
自分のレッスンや、人と会うこと…

●自己投資にもリスクがある…?

もちろん自己投資にも、
多少のリスクはあります。

投資した分の元を取るためには、

「実践すること」

が必要最低条件になるからです。

たとえば、指導法セミナーを受けても、
現場で実践しない限りリターンはゼロです。

いい話を聴いた!毎日やろう!と思っても
習慣化できなければ、やはり価値はゼロ。

「実践なしでは投資回収できない」

というリスクが必ず存在するのです。

●本当の学び→お金をかけること

たとえば全く同じ本でも、図書館で借りた本と、
お金を出して買った本では価値が変わります。

同じように読んでいるつもりでも、
実は吸収するものは全く違っています。

それは「本を閉じた後」に明確です。

本は、読んで終わり、ではそれまで。
「実践」してはじめて価値が生まれます。

本を閉じた後に、すぐに立ち上がれるかどうか。
それとも、いい本読んだで終わるか。

30分後のレッスンで実践してみるかどうか。
いつかやってみようで終わらせるか。

この明暗を分けるのが「意識の高さ」であり、
それは身銭を切ることで生まれるのです。

●自己投資のリスクを最小限にする方法…

ここに、学びを深めるポイントがあります。

「何もしない」=「投資の元が取れない」

であれば、

「何もしないリスク」を最小限に抑える。
「何かやってみよう」というモチベーションにつなげる。

そのためのほとんど唯一の方法が、

「学びにお金をかける」

ということなのです。

●お金がないから自己投資できないではなく…

自己投資はお金の有無とはあまり関係がありません。

お金があるから自分に投資できるのではなく、
自分に投資しようと思うからお金ができる。

生徒が集まったら自分に投資しようではなく、
自分に投資するから生徒が集まる。

一流のピアノ指導者といわれる先生が、
苦労した経験が多いのはそういうことでしょう。

学ぶことにはお金がかかる。

むしろお金がかからないものは
学びではない。

たとえ無駄なお金だったとしても、
それすら「学び」に変えてしまう。

自腹を切ることがいかに学びを深めるか。

このことを知っているからこそ、
一流のピアノ指導者なのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国3263名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

★いよいよ「新刊」が5/20に発売!
「ピアノ教室の法則術~成功への7つの極意(音楽之友社)」

★著名な先生のレッスンが自宅で学べる!
学びへの意識の高い先生へ。「ピアノ講師ラボ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください