sora

思い返すと、これまでにたくさんの「失敗」をしてきました。

そのたびに落ち込んだりする自分がいました。

けれども、ある本を読んでハッとしました。
そこにはこんなことが書いてありました。

「失敗は自分が認めない限り存在しない」

何かを成し遂げる人は、おそらく失敗を失敗とすら思っていないのでしょう。

「失敗すればするほど、成功に近づいている」

すんなり実現してしまうことに価値はない、
手が届きにくいからこそ価値があるのだ。

そんな強いマインドをその言葉に感じ、数秒間目が離せませんでした。

辛い時間が長ければ長いほど、喜びは大きい。

何かに行き詰ったり、どうしようもない状態に陥ったら、
それは、成功が近い証。

だからむしろ喜ぶべきことなのだ。

「そんなのどうせ無理だよ」

周りのドリームキラーから鼻で笑われようと構わない。

見続けるべきは、目の前の苦労よりも「乗り越えた先にある未来」。

未来を先取りしている人は、生き生きとした表情で周りの人を魅了し、
自然と応援してくれる人が集まってくる。

大切なのは、失敗することを自分に許すのではなく、

「夢を見ることを自分に許すこと」

青空に流れゆく雲を見つめながら、
そんなことを思ったりします。

   ・・・

★全国2600名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑メルマガ配信解除もいつでもすぐにできます