宇治田かおる先生プロフィール写真

毎月、レッスンに活かせる音声CD教材とニュースレターを
ご自宅にお送りする会員制サービス「ピアノ講師ラボ」

ちょっと早いですが、来月12月号の対談のご紹介をいたします。

ご登場いただくのは、春秋社から出版されたご著書、「からだで変わるピアノ」
で著名な、宇治田かおる先生です。

宇治田先生のご著書を読まれた方はご存じかと思いますが、
先生がこの書籍でお伝えしているのが、

「ピアノはラクに弾いていい」
「ラクに弾くための身体の使い方」

の部分です。

自然に身体を使えているときは、余計な力が入らず、
本当にラクにピアノが弾けているもの。

人とのコミュニケーションと同じで、自然体で向き合ったとき、
ピアノはより輝きに満ちた音を出してくれます。

ピアノと格闘するのではなく、ピアノと仲良くなること。

よく響く音、聴いている人も心地よい音を出すためには、
身体の使い方に大きなポイントがあります。

ただ、ここで問題があります。

「身体の使い方の大切さは分かるが、実際にどこに注意すればいいのか?」
「それを実際のレッスンでどのように生徒に伝えたらいいのか?」

こうした点がはっきり分からないことです。

この解決策は、体の構造やメンタル的なものを
徹底的に研究してきた「ピアニスト」に学ぶこと。

しかも、それをレッスンの現場で実践され、
確実に効果を上げている「指導者」に学ぶこと。

そのどちらにも当てはまるのが、
今回ご登場いただいた宇治田先生です。

今回は、大人のレッスンにテーマを絞ってみましたが、
内容は多岐にわたって、お子さんのレッスンまで。

どう伝えれば、生徒がラクに弾けるようになるのか。
具体的なテクニックはどうすればつけられるのか。

今日から実践できる方法もたくさんお話いただきました。

生徒はもちろん、先生ご自身の演奏もきっと変わることでしょう。

編集作業も大詰めを迎えている、宇治田先生との「ラボ対談」。

数々のお話は、私もまさに目から鱗の連続で、
私の「なるほど!」の相づちがいつもより多いです(笑)

私も早速レッスンに取り入れさせていただいていますが、
その効果は抜群です。

この対談CDを聴くことができるラボ会員様は、
本当に幸運ではないかと思います。

ピアノ講師ラボ12月号 vol.33(特別CD2枚組)
「宇治田かおる先生が語る!ピアノがラクに弾ける秘訣とレッスンのコツ」

・「からだで変わるピアノ」著者の宇治田かおる先生のご紹介
・子どもの頃から留学時代までのレッスンについて
・宇治田先生が大人のレッスンで大切にしていること
・「ラクに弾く」ための考え方とテクニックについて
・大人のレッスンは「心のケア」が最初のポイント!
・「弾き心地」に意識を向ける効果とは?
・「ピアノ用の動き」は日常の動作にヒントがある!
・リラックスして弾くポイントは「伸ばし動かす」こと
・力の抜けた状態をチェックできる場所は「肘」だった!
・「次の音」が弾きやすければ「すべて」弾きやすい
・子どもは「握手」と「ハイタッチ」で力が抜ける
・子どもに「注意しないで」出来るようにする秘策
・「呼吸」は弾き方とセットで考えるとうまくいく!
・いい姿勢とは「肩甲骨」が自由に動く状態
・伸ばし動かしていると姿勢は自然とよくなる!
・オクターブがラクに弾けるようになる魔法の指導
・本番では緊張しても○○しないようにすればいい!
・自発的な子どもを育てる方法、続けさせる方法
・「されてイヤなことはピアノにしない」とは?
・チャリティコンサート「祈り」に込めた思い
・宇治田先生にとっての「プロフェッショナル」とは?

宇治田先生の対談が聴けるチャンスは「11月30日」まで!

11月30日までに「ピアノ講師ラボ」にご入会された先生は、
こちらの宇治田先生の対談の教材からスタートできます。

※12月号の発送開始は「12月1日」を予定しています

これからも魅力的な対談が続きますので、
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国2800名のピアノの先生が購読するメルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑配信解除もいつでもすぐにできます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください