おはようございます。
株式会社リーラムジカ代表取締役の藤 拓弘です。

今日ご紹介するのは、

「頭のいい子が育つ クラシックの名曲 世界に羽ばたく音楽の旅」

というCD付きの書籍です。

いつもはピアノ曲集や教材をご紹介していますが、
今回もちょっと趣の違う書籍をご紹介。

子どもがクラシックに親しむきっかけになりそうな
そんな一冊のご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

巻頭の「はじめに」からご紹介すると、

「音楽は不思議です。私たちの心を一瞬にして、よその国や、
べつの時間に連れていってくれます(中略)音楽は、旅行を
『疑似体験』するためのツール(中略)本書のファンタジック
な絵と音楽を通じて、この国はどんな景色なのかな、どんな
人が住んでいるのかな、どんな匂いがするのかな、どんな時間
が流れているのかな、と親子で想像をふくらませてみるのは
いかがでしょう。さあ、世界旅行に出発です!」

とあります。

本書は以前このメルマガでご紹介して反響のあった、

「頭のいい子が育つ クラシックの名曲45選」

の続編となる書籍。

今回は「旅」をテーマに、世界を旅するように
クラシックの名曲を楽しむ一冊となっています。

書籍のカバーには、

「クラシックの音楽を聴きながら、世界の文化に出会える!
異国への好奇心が芽ばえ、感性が磨かれます」

とあります。

また巻頭の「旅の準備」からご紹介すると、

【場所は?】
⇒この本で訪ねる地域は、ヨーロッパ、ロシア、アメリカ

【時間は?】
⇒いちばん古くて約300年前、新しいもので約80年前

オールカラーで見やすく、巻末には収録されている
曲の詳しい解説が掲載されています。

本書にはCDが2枚付属されていて、まさに
クラシックの名曲ばかりが収められています。

収められている作品をご紹介してみましょう。

【CD1】
世界の文化に触れる 名曲の旅
イタリア・スペイン・フランス・ドイツ

●ウィリアム・テル 序曲(ロッシーニ)
●ローマの松 第1部(レスピーギ)
●ホフマンの舟歌(オッフェンバック)
●誰も寝てはならぬ「トゥーランドット」より(プッチーニ)
●乾杯の歌「椿姫」より(ヴェルディ)
●ハバネラ「カルメン」より(ビゼー)
●ボレロ(ラヴェル)
●亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
●ト長調のメヌエット(ペッツォルト)
●ガヴォット(ゴセック)
●アラベスク第1番(ドビュッシー)
●幻想即興曲(ショパン)
●雨だれ(ショパン)
●愛の夢 第3番(リスト)
●ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲(ワーグナー)
●G線上のアリア(バッハ)
●マタイ受難曲 コラール「おお血と涙にまみれた御頭よ」(バッハ)
●目覚めよと呼ぶ声が聞こえ(バッハ)

【CD2】
世界への好奇心を育む 名曲の旅
オーストリア・イギリス・北欧・東欧・ロシア・アメリカ

●春の声(ヨハン・シュトラウス2世)
●トリッチ・トラッチ・ポルカ(ヨハン・シュトラウス2世)
●アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章(モーツァルト)
●ホルン協奏曲 第4番 第3楽章(モーツァルト)
●交響曲第6番 「田園」第1楽章(ベートーヴェン)
●ピアノ・ソナタ 「悲愴」第2楽章(ベートーヴェン)
●威風堂々(エルガー)
●愛のあいさつ(エルガー)
●ホルベアの時代 前奏曲(グリーグ)
●フィンランディア(シベリウス)
●ユモレスク(ドヴォルザーク)
●チャールダーシュ(モンティ)
●革命(ショパン)
●ルーマニア民俗舞曲 棒踊り/足踏み踊り/ルーマニア風ポルカ(バルトーク)
●パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏(ラフマニノフ)
●ロミオとジュリエット 騎士たちの踊り(プロコフィエフ)
●だったん人の踊り「イーゴリ公」より ボロディン
●3つの前奏曲 第1番(ガーシュイン)
●エンターテイナー(ジョプリン)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)旅するようにクラシックが聴けるCD付き絵本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本書の特徴は、前著に引き続き、

「CD付きの絵本」

であるということでしょう。

CDに収められている名曲のイメージを膨らませる、
見開きで読める小さなお話の数々。

絵本のページでは、名曲の世界観を
親しみやすい言葉でイラストとともに紹介。

可愛いタッチからファンタジックなものまで、
子どもたちの想像力をかき立てるイラスト。

全編を通して、文章にはすべて「ふりがな」を付けて
いるのも、大切なポイントではないかと思いました。

イタリアの作曲家の曲、スペイン、フランス、ドイツ、
といった感じで各国の作品をまとめて鑑賞できる、

というのも楽しいアイデアではないかと思いました。

小さい子がオーケストラの名曲に触れる機会は、
それほど多くないのではと思います。

本書のような絵本と共に名曲に親しめるのは、
実は貴重な機会なのかもしれません。

「ボレロ」や「田園」の第1楽章などの演奏時間が
長い作品もフェードアウトなしに全曲聴かせる、

という配慮も重要なポイントではと感じました。

ピアノ曲もたくさん収録されていて嬉しいですね。

音楽を聴きながら絵本を読み聞かせたり、
絵本を単独で読んでも楽しいでしょう。

車でCDを聴くのもよさそうです。

「頭のいい子が育つ」かどうかは分かりませんが、
子どもがクラシックに親しむきっかけにはなるでしょう。

教室の生徒や我が子へのプレゼントにも良さそうな一冊。

ご興味のある先生はお手に取ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『頭のいい子が育つ クラシックの名曲 世界に羽ばたく音楽の旅』新井鷗子・編著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(3)編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社の「ピアノ講師ラボ」の次回の対談は、

「うたう指づくり」「ピアノ・ファーストレッスン」

などのご著書で著名な、原田敦子先生がご登場

導入期こそテクニックをつけさせるべき、
という理念のもと、生まれた数々のご著書。

長年にわたって全国の先生がレッスンで
使っているベストセラーですね。

今回の対談では「うたう指つくり」「テクニック」
をテーマに幅広いお話を伺いました。

原田先生の穏やかなお話しぶりのなかに、
ピアノ教育への情熱を感じた対談でした。

ちなみに、原田先生との対談の一部を
弊社サイトで公開しています。

もしよろしければ、対談の雰囲気を
感じていただけたら嬉しいです↓

★「ピアノ講師ラボ」次回予告のページ

↑2月中にご入会された先生は原田先生の
対談から新しい学びをスタートいただけます

これからも、魅力的な対談が続きます。
ぜひぜひご期待いただけたらと思います。

それでは最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も素敵なレッスンを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★全国4,594名のピアノの先生が購読する無料メルマガ
「成功するピアノ教室」ご登録はこちら

↑毎週土曜日の朝に配信中。配信解除もいつでもすぐにできます

★藤拓弘によるWeb連載がスタート!第17話まで公開中です
「人生で大切なことはすべてピアノ教室で学んだ」

★次回3月号は原田敦子先生の対談!
自宅に著名な先生のレッスン法がCDで届く!「ピアノ講師ラボ」

★9名の著名なピアノ指導者の対談が聴ける特別なCDをプレゼント↓
「ピアノ講師ラボ スペシャルダイジェスト版CDプレゼント」

★「ピアノ講師ラボ」から生まれた書籍。おかげさまで「5刷」になりました!
★「現場の先生直伝 生徒が夢中になる!ピアノレッスン アイデアBOOK」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの記事もぜひお読みください