「ありがとう。素敵に弾けていたね。なにか、いいことがあったんだね?」

「うん、どうしてわかるの?」

「音を聴けばね、だいだいわかるんだよ」

「みーちゃんね、きょうね、ようちえんでこうたくんがね、おはなのおりがみをくれたの」

「ほう、それは素敵だね。どんな気持ちだった?」

「うれしかった」

「そうだろうね。嬉しかったのは、おりがみをもらったからなんだね?」

「そう、むらさきいろの、はすのはな。すごくじょうずなの」

「とてもいいね。もしかして、もらったものがまだあるんじゃないかな?」

「…それだけだよ?」

「たぶん、君はこうたくんの『心』をもらったんじゃないかな?」

「こころ?」

「そう。人の胸にはね、心っていう、見えないけど素敵なものがあってね。それを誰かに差し出すと、受け取った人が嬉しくなる」

「こうたくんがくれたのは、おりがみだよ?」

「そうだね。でも、おりがみを折っているときに、こうたくんは誰を思っていただろう?」

「うーん…みーちゃん?」

「そうだよね。君を思っていた時間が、たしかにあったんだね。それは見えないけど、ちゃんと届いているだろう? 君の胸に」

「うん、なんかあったかい。うれしい」

「だれかに何かをあげるってね、ものだけじゃないんだ。君の笑顔も、ピアノを弾いてあげることも、ありがとうっていう言葉も、だれかの幸せを願うことも、ぜんぶそうだよ」

「でも、みーちゃんなら、キラキラしたほうせきとか、そういうのがいいな」

「はは、そうだね。誰かを思うこと、大好きっていう気持ち、大切に思う心。それは宝石くらいキラキラしているよ」

「わたしも、だれかにあげたいな」

「君は、もうあげているよ。君が生まれてきたことが、この世界への最高のプレゼントなんだ。君がいるだけで、君が笑うだけで、世界は幸せに包まれるんだよ」

「?」

「もちろん私もだよ。君がピアノを弾いてくれると、わたしは幸せになれる」

「みーちゃん、ピアノすき」

「そうだね、知ってるよ。全部、音になって教えてくれるからね。君の気持ちも、眠たいことだって分かるんだよ」

「せんせい、まほうつかいみたいね」

「はは、そうかもね。でも本当の魔法使いは、私じゃなくて、ピアノなんだよ」

「ピアノが?」

「そう、同じピアノでも、違う人が弾くと、ぜんぜん違う音がする。同じ人が弾いても、今日と明日ではまた音が違う。それって、魔法みたいだなって思うよ」

「せんせいのおとは、おはじきみたい、ころころしてる」

「そうか、ありがとう。ピアノの音が、みんな違うのはね、君と私が違うのと同じ、君も私も世界で一人しかいないのと同じだよ。だからピアノの音も、自分も、大切にするんだよ」

「きょうのわたしのおと、どんなかな」

「そうだね。じゃ、次の曲を聴かせてもらおうかな」